収益化は難しい?ブログ初心者が半年で月3万円稼ぐまでにやったこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • この記事は、ブログの収益化に悩んでいるブログ初心者向けの記事です。

下記に当てはまらない場合は読む価値のない記事です。

ブログを開設して数ヶ月。

たくさん記事も書いて、色んなことをやってみたけど収益はよくても4桁…。

早く1万円稼げるようになりたい。

実際に自分と同じような立場で稼げるようになった人が、どんなことをやってきたのか知りたい。

当てはまったでしょうか。

この記事を書いている僕はこんな人です。

この記事を書いた人
しんでぃ
  • 本職は最高マーケティング責任者
  • しんでぃブログ(主にブログ運営×SWELL)
  • ブログ開設5ヶ月目で5桁収益
  • 現在8ヶ月で最高3.6万

Twitter : (@shinshindy33)

ブログはオワコンと言われていますが、正しいやり方で取り組めば月1万は必ず稼げます。

なぜなら、お蔵入りするほどヒドイ記事を書いていた初心者の僕ですら、4ヶ月で1万円稼げたからです。

この記事では、収益化が難しいと感じているブログ初心者の方に向けて、実際に僕がやってきたことをステップ順に紹介しています。

よくあるノウハウではなく、ブログ初心者で稼げなかった頃の実体験を取り入れて解説しています。

共感しやすいので、自分ごとに置き換えて、月1万稼ぐヒントを得られるはずです。

先ほどの状況に当てはまった人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ブログの収益化は難しい?

結論から言うと、ブログの収益化自体は難しくはないです。

僕の場合はと言うと、ブログ知識0から始まり、開始3ヶ月は収益はアドセンスの数十円のみ。

書いても書いても稼げる気がしませんでした。

しかし、これから紹介することを一歩ずつ積み重ねてきた結果、4か月目には約1万円、5か月目には1.7万円、7か月目で3万円をこえました。

Shindy

しかも、たった2,000~5,000PV程度のアクセス数でその金額に到達しました。

スクロールできます
アクセス数収益記事数
1か月目450PV0円8記事
2か月目772PVうまい棒半分くらい6記事
3か月目1,449PVうまい棒3本25記事
4か月目2,207PV9,600円10記事
5か月目3,513PV16,972円9記事
6か月目4,081PV 6,703円 7記事
7か月目4,839PV36,075円9記事

ブログはただ書くだけでは絶対に稼げません。

しかし、やるべきことさえやっていれば、必ず月1万円は稼げます。

そこで今回は、実際に僕が7か月の間でやってきたことを、初心者でも再現性を高められるよう、ステップ順にご紹介します。

最初から難しいことをする必要はないですし、やろうと思っても出来ないので、まずはそれぞれ出来るところからやってみることが、近道の秘訣です。

ブログ初心者が半年で月3万円稼ぐまでにやったこと

それでは、僕が実際にやってきたことを、項目ごとに整理して紹介していきます。

項目は、以下の8つです。

  1. ジャンル選びの3ステップ
  2. サイト設計の4ステップ
  3. ノウハウを学ぶ4ステップ
  4. 案件選びの4ステップ
  5. SEO対策の6ステップ
  6. リライトの4ステップ
  7. 集客方法の4ステップ
  8. モチベーションが上がらない時に試したコト5つ

それぞれ順番に見ていきますね。

ジャンル選びの3ステップ

ジャンル選びを失敗すると、稼ぐことは困難になります。

ここではジャンル選びの3ステップを紹介します。

ジャンル選びの3ステップ

  1. 3つのジャンルを入れた雑記ブログで始める
  2. そこから、専門性を出せるもしくは継続できそうなジャンルを1つ見極める
  3. 選んだジャンルの範囲を徐々に狭くする
STEP
3つのジャンルを入れた雑記ブログで始める

ブログで稼ぐ定説は、『特化ブログにすること』です。これはつまり、ジャンルをとにかく絞ることを意味します。

これはなぜかというと、Googleから専門性を評価され、情報に信頼性・価値のあるサイトと認識されるからです。

しかしここで重要なのが、「ブログ初心者はジャンルを一つに絞る必要はない」ということです。

なぜなら、ブログ初心者がいきなりヒットするジャンルを選ぶのは極めて難しいからです。

Shindy

仮に50記事も書いた時に、「このジャンルは違った」なんて気づいたらやり直す気力も生まれません…

なので、ジャンルは3つまで絞り、ひとまず雑記ブログで始めればOKです。

ジャンル選びは以下の3つの判断で決めます。

ジャンルの判断基準
  • そのジャンルに詳しいか(専門性)
  • そのジャンルが好き、これから学びたい(関心度)
  • 市場があるか(需要)

そのジャンルに詳しいか

①は、自分が専門性を発揮してきたことや、人より好きなこと、今取り組んでいる事で、人より専門性が高いことです。

知識0の人に説明できる程度でいいので、自分が少し詳しいジャンルを洗い出してみてください。

そのジャンルが好き、これから学びたい

ブログは長期戦です。

いくら専門知識やマーケットが大きくても、関心が薄かったり興味のないことは絶対に長続きしません。

自分が長く付き合っていけそうなものを選びましょう。

過去の自分に向けて書くのもおすすめです。

市場があるか

YahooやTwitter、Google検索など何でもいいので実際に検索してみるといいと思います。

需要がある記事は、検索数も多く情報も比較的新しいことが多いです。

STEP
そこから、専門性を出せるもしくは継続できそうなジャンルを1つ見極める

3つのジャンルを決めたら、とにかく書きます。

そうすると、自分の中で一番しっくりくるジャンルが見つかるはずです。

コツはとにかく書いてみること。書けば色々見えてきます。

僕のフォロワーさんも同じことを言っていました

自分に最も合ったジャンルが見つかったら、徐々にそちらにシフトしていきましょう。

STEP
選んだジャンルの範囲を徐々に狭くする

自分が目指すべきジャンルを書き始めると、その中でもさらに得意なジャンルや書きたいジャンルが決まってきます。

これがまさに特化ブログへの第一歩です。

ここまでくれば、継続性・専門性が生まれるので、Googleに評価されやすいサイトになってくるはずです。

ちなみに僕の場合はと言うと、

  • 育児ブログ(メイン)
  • ライフスタイル
  • ブログ運営

この3つでスタートしました。

でもやっぱり、色んな理由から育児ブログは向いていなかったんですよね。

Shindy

ライフスタイルも絞り切れるほど、専門性がありませんでした

それであれば、職業柄(マーケター)も活かせて、過去の自分に向けて書ける「ブログ運営」にシフトしていきました。

サイト設計の4ステップ

ブログが検索エンジンからいち早く評価されるには、サイト設計が重要です。

サイト設計は以下の4ステップです。

サイト設計の4ステップ

  1. WordPressテーマを選ぶ
  2. カテゴリーは3つ。各カテゴリー内に子カテゴリを作成
  3. 中途半端なブログ運営記事は入れない
  4. ジャンルが絞れて来たら、カテゴリを整理
STEP
WordPressテーマを選ぶ

WordPressテーマ選びは非常に重要です。

特に作業効率やデザイン面、機能性では有料・無料で大きく変わってきます。

初心者のうちは、お金をかけず無料ではじめたい気持ちは重々分かりますが、個人的には有料テーマを導入することをおすすめします。

簡単に理由を言うと、カスタマイズに時間をとられるよりも、最大のコンテンツである執筆に時間をかけた方がいいからです。(僕は勝手に「カスタマイズの沼」と呼んでます)

Shindy

僕も無料テーマでカスタマイズで調べ事に時間ばかり取られていたので、有料テーマを導入した時は感動しました

詳しくはWordPressテーマの無料と有料の違い|有料がいいは本当か?をご覧ください。

どうしても無料テーマがいいという方は、無料テーマで初めても全然OKです。

使っていく中で、無料で行くのか有料で行くのか検討してみてくださいね。

  • 有料テーマなら「SWELL」が特におすすめです

実際に当ブログでも使用していますが、あらゆる面で本当に使いやすくて優れたテーマです。

心から購入してよかったと思っています。

STEP
カテゴリーは3つ。各カテゴリー内に子カテゴリを作成

カテゴリーはむやみに増やさず、絞ったジャンルの3つにしましょう。

各カテゴリー内に記事がある程度たまった方が、SEO的にも望ましいからです。

Shindy

必ず1記事1子カテゴリーにしてくださいね

STEP
中途半端なブログ運営記事は入れない

ブログノウハウを発信しているわけではないブログで、ブログ運営や中途半端にブログノウハウに触れているサイトがありますが、あれは絶対にやめた方がいいです。

なぜなら、純粋に商品の記事を見に来た人が、「ブログで儲けました!」なんて記事見たらどう思いますか?

SEO的にも読者的にも、「このサイトは何のサイトなの?」と評価されてしまいますね。

中途半端に数記事載せるのであれば、勇気を振り絞って削除してしまいましょう。

Shindy

ちなみに、僕も当初そうだったので断言できます(笑)。最終的にはたくさんnoindexにしました。

STEP
ジャンルが絞れて来たら、カテゴリを整理

ジャンルが定まってきて範囲が狭くなってきたら、カテゴリーを整理すればOKです。

今ある記事の中で作れそうなカテゴリーを作って、改めて記事を整理しましょう。

僕の場合以下の3つで始まり、

  • 育児ブログ(メイン)
  • ライフスタイル
  • ブログ運営
    • 記事1
    • 記事2
    • 記事3

ブログ運営にジャンルを絞ってからは、「ブログ運営」内の記事を細分化させて、新しいカテゴリーに振り分けました。

  • カテゴリーの考え方として、キーワードをイメージすると分かりやすいです
  • スマホ
    • iPhone(スマホ iPhone)
    • 楽天モバイル(スマホ 楽天モバイル)
    • UQモバイル(スマホ UQモバイル)

※大カテゴリがビッグワード、子カテゴリがミドルワードのイメージ。

ノウハウを学ぶ4ステップ

初心者の場合、ブログを学ぶのに、あれもこれもと手を出しすぎると失敗します。

目的を持ったノウハウの学び方を、以下の4ステップで紹介します。

ノウハウを学ぶ4ステップ

  1. ブログノウハウを発信するトップブロガーから情報収集
  2. ブログ関連本を読む
  3. 競合記事やその他ジャンルのブログを読む
  4. 自分より少し先を行く人を目標にしてマネる
STEP
ブログノウハウを発信するトップブロガーから情報収集

まずは、稼いでいるブロガーの記事を読みましょう。

もちろんこの時点ですべて覚えて実践することは不可能ですが、なんとなく全体像は見えてくるはずです。

Twitterもフォローしておくと、有益情報を流してくれます。

この時点でお金を払ってコンサル&高額有料ノートなんて絶対に必要ないですからね。

Shindy

サッカーのルールも知らない人が、プロにどれだけ丁寧に教えてもらっても上達はしません。

僕が最初に参考にしていたのはTsuzukiさんとNOJIさんでした。

>>Tsuzuki Blog

>>NOJI BLOG

STEP
ブログ関連本を読む

本から学ぶことも重要です。

僕は以下の本を読んで、ライティングで気を付けることや、ブログを始めてやるべきことを参考にしました。

『沈黙のWebライティング』

「沈黙シリーズ」は、アフィリエイターであればだれもが一度は読むであろう教本です。

もし、学習用の本を何にしようか考えているのであれば、四の五の言わず真っ先に買うべき本です。

『アフィリエイトブログ入門講座』

「アフィリエイトブログ入門講座」は、アフィリエイトの全体像を把握するのにはいい本でした。

最初読んだ時には内容が浅くあまりしっくりこない部分もあったのですが、幅広く書かれているので初心者にはおすすめの本です。

Shindy

今見ると結構いいこと書いてあります

『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」は、アフィリエイトとは関係ないのですが、僕がマーケティングを学んだ本でもあります。

Webマーケティングではなく、マーケティング論の本ですが、このマーケティング思考はWebマーケティングにも大いに役に立ちます。

他にも電子書籍もあります。

僕は無料のKindle Unlimitedで「いかに少ないアクセスでも収益を上げるか」と言う手法と、「ライティングスキル」について学びました。

以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

STEP
競合記事やその他ジャンルのブログを読む

まずはとにかく書きます。

その作業の中で、これまでトップブロガーや書籍で学んだことを、ひたすらアウトプットします。

おそらくこの時点では、本に書いてある事の10%もアウトプットできないと思うので、完ぺきを求めなくても大丈夫です。

そして書くと同時に、検索結果に出てくる競合の記事や、Twitter上で結果を出している人の記事を読んで下さい。

客観的視点からブログを読むことにより、自分では気づかなかった(と言うよりも勉強して出来ているつもりだった)点がたくさん出てきます。

それも吸収して早速実践してみましょう。

全部ではなく、学んだことを「一つずつ」実践して身に着けることがポイントです。

STEP
自分より少し先を行く人を目標にしてマネる

ブログを学ぶ際はトップブロガーを参考にしがちですが、実は全てを学べるわけではありません。

トップブロガーのノウハウを読んでいると、初めは学ぶことばかりです。

しかし、これには欠点があります。

  • いきなりそれらすべてをこなすことは不可能
  • ノウハウが抽象的な言い回しが多い(誰にでも当てはまる解説にするため)
  • ブログ歴をある程度重ねて自分に知識がついてこないと、本当の意味では理解できでいない
Shindy

自分が成長して初めて、「あの時言っていたことはこういうことだったのか」と理解できました

野球の素人に対して、「ボールをバットの芯でとらえることが大事」「ボールを正面でキャッチすることが大事」と教えても、「それは分かったけど、じゃあそれ具体的にはどうやってやるの?」となりますよね。

野球が出来るようになって初めて、「バットの芯でとらえること」の大事さが分かるわけです。

そこで勉強になるのが、「自分に近い人」を目標にしてマネしてみることです。

自分に近い人であれば、目標設定がしやすく初心者でも取り組みやすいことが多いです。

近い人とは、

  • ブログの開設時期が似ている
  • ジャンルが似ている
  • 自分より少しアクセスが多い
  • 自分より少し収益が多い

こんなところでしょうか。

僕も自分が目標にする人を一人決め、その人がどうやってアクセスを増やしているのか、どうやって稼いでいるのか、どんなことを書いているのかと研究しました。

Shindy

ただし、パクリは絶対にダメですよ。

案件選びの4ステップ

間違った案件選びをすると、売っても売っても月1万円に届かず、消耗します。

そこで、初心者でも月1万円稼げる案件選び4ステップを紹介します。

案件選びの4ステップ

  1. 主要ASPに登録する
  2. 使ったことのある商品を選ぶ
  3. 稼いでいるサイトが扱う案件を選ぶ
  4. 報酬単価が高い案件を選ぶ
STEP
主要ASPに登録する

アフィリエイトで稼ぐにはASPに登録するところから始まります。

なぜASPを複数登録する必要があるかと言うと、ASPによって報酬が異なるからです。

報酬の差が積もり積もって大きな差になってくるので、案件選びはASPをまたいで検討する必要があります。

またASPによって扱っている案件も異なります。

審査には時間がかかるので、早めに登録だけ済ませておいた方がいいというわけですね。

まずは、審査のない(緩い)以下の二つを登録しておくことをおすすめします。

  1. A8.net
  2. もしもアフィリエイト

10記事ほど投稿したら、以下のASPも登録を済ませておきましょう。

  1. バリューコマース(審査緩い)
  2. afb
  3. アクセストレード

各ASPの詳細は、以下の記事で解説しています。

STEP
使ったことのある商品を選ぶ

初心者の場合、まずは使ったことのある自分のおすすめ商品を説明するのが一番です。

なぜなら、「難しいことを考えなくても自身の経験があるので書きやすいから」です。

小手先のテクニックではなく、とにかく「体験談」として他のサイトと差別化できるコンテンツを作成できます。

このステージで、記事を書く感覚やテクニックを少しづつ蓄積していきます。

STEP
稼いでいるサイトが扱う案件を選ぶ

稼いでいるサイト(上位サイト)がどんな商品を売っているのか見てみましょう。

Shindy

自分が目標にしているサイトでもOKです。

上位サイトは、あらゆる経験をもとに、「売れる商品」を目立つように掲載しています。

実際に売っているアフィリエイターが推している商品ですから、間違いなく「売りやすく収益性が高い」商品なのです。

もちろんその分競合は増えるわけですが、競争相手は何も上位表示が難しいSEOだけではありません。

SNSで人気のある(商品力のある)商品を紹介すれば、必ずどこかの誰かが見ています。

Shindy

僕が初めて売った商品もSNSからで、フォロワーさんが購入してくれました。

STEP
報酬単価が高い案件を選ぶ

ここは重要なのですが、高額案件を選べば5桁は比較的すぐに達成できます。

例えば、月に1万円稼ぎたいという目標があったとします。

初心者のあなたならどちらが達成できそうでしょうか?

  1. 100円×100件
  2. 5,000円×2件

正解は間違いなく②です。

初心者が100件売るのには相当なアクセス数が必要になります。

一方で、5,000円の商品は2件売ればいいだけですから、アクセス数は必要ありません。

高い商品が売れないというのは、ブログ初心者の思い込みです。

本当にユーザーのニーズを満たす記事を書ければ、あなたが高いと思う金額でもユーザーにとっては十分払う価値のある商品となります。

Shindy

僕も初めから高単価案件を扱ったことで、比較的早い段階で月1万円を稼ぐことができました

SEO対策の6ステップ

ブログ初心者にとって、一番難しいスキルがSEO対策。コツは少しづつ習得していくことです。

SEO対策のステップは以下の6ステップです。

SEO対策の6ステップ

  1. タイトルや見出しにキーワードを入れる
  2. 自分オリジナルのコンテンツ(体験談)を入れる
  3. キーワード選定をする
  4. 記事の構成を考えてから書く
  5. 競合サイトを調べる
  6. 内部リンク化する
STEP
タイトルや見出しにキーワードを入れる

ブログ初心者がいきなり質の高い記事を書くのは無理です。

最初からカンペキを求める必要は全くありません。

学ぶことは継続してほしいですが、あれもこれもやる必要はありません。

やることは2つだけです。

  • タイトルにロングテールキーワードを入れる
  • 見出し(h2)にもキーワードを1つ以上入れる

※ロングテールキーワード:3語以上のワード(単語)の組み合わせにより検索されるキーワード。
例:ブログ 初心者 稼ぎ方

これだけでOKです。

記事の内容は書きたいことを書いてください。

まずは、キーワードを入れることに慣れましょう。

Shindy

どんないい記事が書けたと思っても、1ヶ月後には恥ずかしくて直したくなるので、今できる事だけに集中すれば大丈夫です。

キーワードをタイトル入れるのに慣れてきたら、タイトルにもこだわっていきましょう。

STEP
自分オリジナルのコンテンツ(体験談)を入れる

キーワードを入れることに慣れたら、自分しか書けない体験談を書きましょう。

  • 企業が発信できない情報
  • 情報に客観性をもたせる
  • 消費者目線の共感

個人ブロガーが戦うには、公式サイトが発信できない情報に価値があります。

使ってみた感想や、感じたメリット・デメリット、撮った写真など何でもOKです。

STEP
キーワード選定をする

キーワードの使い方になれたら、今度はキーワードの選び方です。

キーワード選定については、「【SEO】キーワード選定方法 | 5つのコツと5つの手順を解説」で紹介していますが、初心者にはまだハードルが高いと思います。

そこで初心者でもできる、ラッコキーワードを使った簡単なキーワード選定を以下で紹介しています。

とても便利なツールなので、使いこなせるようにしましょう。

初心者でも検索順位上位をとるコツ

「〇〇 使い方」というキーワードは、比較的上位を取りやすいです。

なぜなら、成約につながるキーワードではないため、アフィリエイターがあまり狙わないからです。

稼ぐには向いていないキーワードですが、検索上位を取るコツをつかむためにはおすすめです。

STEP
記事の構成を考えてから書く

構成をしっかり練ってから書くと、伝えたいことがしっかり伝わり、まとまりのある文章になります。

構成としては、以下の形になるのが理想です。

  • リード文
  • 記事本文
    • 結論
    • 理由
    • 具体例
    • 結論
  • まとめ

また、記事を書く順番としては、

  1. タイトル(仮)
  2. 見出し作成
  3. 本文作成
  4. まとめ
  5. リード文
  6. タイトル確定

の順で書くと、書きやすいです。

STEP
競合サイトを調べる

僕もSEO対策が出来たつもりでいたのですが、やはり競合調査が足りていなかったため、上位表示できないキーワードがたくさんありました。

競合サイトをしっかりと調査することは、いくつかメリットがあります。

  • そのキーワードで勝ち目があるか分かる
  • 検索上位サイトはユーザーが欲しい情報の答えがある
  • Googleが評価している情報が分かる
Shindy

キーワードを選定する際は、競合をしっかり調査することが、上位表示のカギを握ります。

競合サイトの調べ方は以下の記事内で紹介しています。

STEP
内部リンク化する

記事がたまってきたら、内部リンクで関連する記事をつなげましょう。

内部リンクには、以下のような効果があります。

  • 評価がいい記事から、内部リンク先へ評価を渡せる
  • クローラーが検索しやすい

流入が多い記事から、順位を上げたい記事に内部リンクで評価を渡すことで、内側からじわじわと評価を高めようという戦略です。

孤立した記事をなくしていきましょう。

SEO対策については、以下の記事でさらに詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

リライトの4ステップ

ブログで執筆以上に大事と言われるリライト作業。リライトなくして検索上位表示はあり得ません。

リライトのステップは以下の4ステップです。

リライトの4ステップ

  1. 検索順位を確認する
  2. サーチコンソールでクエリの答え合わせをする
  3. タイトルと見出しだけを修正してみる
  4. 検索意図に沿っているか再確認
  5. 上位サイトと比較し、不足部分を追加・不要部分を削除
STEP
検索順位を確認する

自分の書いた記事が評価されているかどうかは、検索結果の順位を確認する必要があります。

順位は一朝一夕には上がりませんが、時間をかけて追いかけていきましょう。

検索順位を知るには、検索順位チェックツールを使いましょう。

検索順位チェックツール

高機能なキーワードの検索順位チェックツールなら「Rank Tracker

低価格で分かりやすいツールなら「GRC

STEP
サーチコンソールでクエリの答え合わせをする

僕も最初はキーワード選定に躍起になっていました。

どれだけキーワード選定をしっかり行っても、実際は公開してみなければわからないことがあります。

そこで重要なのが、Googleサーチコンソールの検索クエリ

検索クエリとは、ユーザーが検索するときに打ち込んだ言葉やフレーズのことです。

キーワードはあくまで想定で選定しましたが、クエリからは実際に自分のサイトを訪れているユーザーが、どのようなキーワードを入力して流入してきたかが分かります

表示回数が多いクエリやクリック数が多いクエリが見つかったら、キーワードを変えてリライトしてみましょう。

STEP
タイトルと見出しだけを修正してみる

最初のうちはどこをどうやってリライトすればいいのか分からないと思います。

そんな時は、タイトルと見出しだけ修正すると、検索順位が上昇することがあります。

見出しにはしっかりとキーワードを入れて、目次(見出し)だけ見れば内容が分かるようにするのがポイントです。

サクッと出来る対策なので、まずは試してみてください。

リライト後はサーチコンソールでインデックス登録を忘れずに。

STEP
検索意図に沿っているか再確認

自分では渾身の記事を作成したつもりで、意外と自分本位の内容になっていることがあります。

もう一度ユーザーのニーズを汲みとり、適切に応えられているか確認しましょう。

検索意図に沿った記事の書き方は、「初心者でも出来る検索意図の調べ方 | これだけでSEO効果あり!」にて詳しく解説しています。

STEP
上位サイトと比較し、不足部分を追加・不要部分を削除

もう一度上位に表示されている記事を読んでみましょう。

自分のサイトと比較して、不要な部分・追加すべき部分はないか確認します。

上位サイト:結論、化粧水Aの効果、メリット・デメリット、
自サイト:化粧水Aとは?、効果、メリット・デメリット、

この場合は、「化粧水Aとは?」を削除し、「結論」を先に書くのがいいと判断できます。

また、実際に使ってみた感想や使用する様子など、上位にはない内容を入れるとオリジナルコンテンツになります。

集客方法の4ステップ

集客方法のステップは以下の4ステップです。

集客方法の4ステップ

  1. ターゲットを決める
  2. SNSで発信する
  3. ブログランキングに登録する
  4. SEO対策をして、自然検索から集める
STEP
ターゲットを決める

まずはターゲットを決めることが大事です。

僕の場合、最初は育児ブログから始めたのですが、SNSでは「育児中のブロガー」をフォローしたばかりに、その後はブロガー関連のフォロワーばかりになってしまいました。

ブログをやっているからと言って、ブロガーに向けて売りたい商品を発信するのは効果的ではありません。

届けたい人に必要な情報が届くよう、画面の先の人に想像を働かせましょう。

STEP
SNSで発信する

SNSはSEOにはないメリットがあります。

  • 開始すぐでも流入を見込める
  • Googleのルール変動で順位が急に下がることがない
  • SEOのスキルがなくても集客できる
  • ファン化しやすい
  • ブログ仲間に励まされる

特にブログ初心者にとっては、開始当初に誰かが見てくれていることはとても励みになります。

また、ブログ仲間と励ましあったり、刺激しあったりすることで、モチベーションを維持することもできます。

そうして生まれた交流からファンがついてくれることも。

最初は憶病になりがちですが、積極的に絡むことが大事です。

自身の顔になるアイコンは、手をかけて必ず作っておきましょう

以下は、ブログ関連でフォロワーが増えるきっかけとなる、バズりやすいツイートです。

※ただし、ブロガー向けなので、ターゲットに合わせて考えましょう。

  • ブログ開設
  • アドセンス合格
  • 落ち込んだ時励ましてほしい
  • 収益発生報告
  • 大きな実績が出た時
  • ブログ開設〇年(月)
STEP
ブログランキングに登録する

ブログランキングは、自分のブログへのアクセスを増やしたり、ブログ仲間との交流が出来る無料のサービスです。

簡単に出来るので、初めのうちに登録しておくといいと思います。

>>にほんブログ村に登録する

>>人気ブログランキングに登録する

ブログランキングに登録することは、流入先を確保するだけでなく、被リンク効果もあります。

被リンク対策はドメインパワーを上げるのに有効な施策です。

Shindy

ある程度順位がついてくると、そこから先はドメインパワーがないとどれだけ質の高い記事を書いても上がらなくなりますよ

ブログを始めたばかりでも被リンク施策は出来ますが、反映に時間がかかることがあるので、こちらも早いうちに登録しておくといいと思います。

被リンクを獲得できるサービスは以下で9つ紹介しています。

STEP
SEO対策をして、自然検索から集める

やはり一番はSEO対策による自然検索からの流入です。

検索上位に入り自然検索から流入するようになると、SNSで頻繁に宣伝せずとも流入が見込めます。

Google神はどこまで行っても偉大なのです…。

モチベーションが上がらない時に試したコト5つ

ブログを運営していると、いいことばかりではありません。

これは誰もが経験したことがあるでしょう。

そんな時僕が試した。「モチベーションが上がらない時に試したこと」は、以下の4つです。

モチベーション維持のために試したこと5つ

  1. インプットに時間を使う
  2. ブログデザインで遊ぶ
  3. 一連の制作過程のどれか一つだけ取り組む
  4. SNSで仲間に頼る
  5. 継続するために休むと割りきる

インプットに時間を使う

気分が乗らず記事が書けないのであれば、インプットに時間を使えるいいチャンスです。

普段インプットが少ないのであれば、本を読む、ブログやnoteを読む、有益情報を集めるなど、学びの時間として使いましょう。

ブログデザインで遊ぶ

ブログ初心者がデザインにこだわるのはおすすめしません。

なぜならば、デザインよりコンテンツの方が収益に直結しやすいからです。

しかし、気分が乗らない時こそデザインに時間をかけて遊ぶチャンスです。

実際に僕も気分が乗らない時を使って、サイトのデザイン制作に取り組みました。

一連の制作過程のどれか一つだけ取り組む

記事を作成するためには、キーワード選定や記事構成、情報調査、執筆活動など様々な過程があります。

やる気が起きない時は、そのどれかだけ取り組むということもおすすめです。

Shindy

僕の場合は、ひたすら穴場キーワードを探したり、関連キーワードを集めたりしました

SNSで仲間に頼る

SNSで仲間に頼ることも、モチベーションを回復させる手段の一つです。

Twitter上で頑張っている姿を見たり、時には励ましの言葉をもらったりして、低浮上な時を乗り越えました。

Shindy

ツライ時は、いっそ思いの丈を正直に告白すればスッキリするかもしれませんよ

もし、他人の活躍が気になってしまうのあれば、ミュートにしておくのもいいかと思います。

継続するために休むと割りきる

ブログを続けていないことに罪悪感を感じ、余計に焦ってしまうことがありました。

しかし、低いモチベーションで取り組んでもなかなか集中できないので、悪循環に陥りがちです。

そんな時は、むしろブログからいったん離れてみることが継続につながる、と割りきってみました。

筋トレで言う超回復みたいなものです。

まとめ

今回は、僕が実際にやってきたことを順序立てて紹介しました。

本記事に書いてある事を行えば1万円は可能ですし、これらのノウハウをさらに昇華させれば5万円は目指せると思います。

ブログはすぐに結果が出るわけではありませんが、焦らず自分が出来ることからコツコツと積み上げていくことが大事です。

最初から全部やろうと思わず、インプットとアウトプットを繰り返しながら成長していきましょう。

次回は、「10万円を稼いだ方法」を書ける日が来ることを楽しみにしています(笑)

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる