これは便利!ブログ運営に心からおすすめしたい便利ツール17選!

ブログ便利ツール17選
URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩んでいる男性

ブログ運営をするにあたって、「これは必須」「これは便利」と言うツールがあれば教えてほしいな。

今回はこんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  • ブログ便利ツール17選
この記事を書いた人
しんでぃ
  • 本職は最高マーケティング責任者
  • しんでぃブログ(主にブログ運営×SWELL)
  • ブログ開設5ヶ月目で5桁収益
  • 現在8ヶ月で最高3.6万

Twitter : (@shinshindy33)

SEO対策やライティング、記事の装飾や分析など、ブログを運営するにあたっては多くの作業が必要です。

そこで今回は、僕がブログ運営をするにあたって欠かせない便利ツールを17個選んでみました。

今回紹介するツールは、実際に僕が試してきた様々なツールの中から生き残った、実用性が高い厳選ツールです。

僕はこれらのツールのおかげで、コンテンツの質を高めたり作業効率をアップすることができました。

結果的に収益化につなり、今ではどれも欠かせないツールばかりです。

まだ導入したことがないツールがあれば、是非参考にしてみてください。

目次

ブログ運営におすすめの便利ツール17選

まずはブログ運営におすすめの便利ツール17選の一覧をご紹介します。

ブログ運営便利ツール

結論から言うと、これらのツールは今ではどれも欠かせないツールです。

稼いでいるアフィリエイターも必ず導入しているツールです。

僕も実際にこれらのツールを導入後、以下のような変化がありました。

  • SEO対策が出来た
  • コンテンツの質が向上
  • 作業効率が大幅にUP
  • 結果的に短期間でも収益化に成功

有料ツールもありますが、元が回収できるほど便利で役に立つツールばかりです。

Shindy

ツールではないですが、アイコンも作っておきましょう

それではカテゴリーごとに見ていきます。

サイト制作便利ツール

まずはサイト制作において欠かせないツールです。

便利というより、必須ツールです。

サイト制作便利ツール

①:WordPress(サイト作成)

WordPress
利用頻度 (5.0)
料金無料
おすすめ度 (5.0)

WordPressはHTMLやCSSなど、Webの知識が無い人でもサイト作成やサイト運営が出来る無料のソフトウェアです。

WordPressのシェアは、世界中のサイトのおよそ4分の1と言われています。

無料ブログとWordPressとどちらがいいの?と言う質問がよくあります。

無料ブログは提供サービス元の運営方針次第で使えなくなることもありますが、WordPressにはそのリスクはありません。

また、WordPressの方がデザイン性やカスタマイズ性、収益性が高いのも特徴です。

WordPressを使ってブログやアフィリエイトを始めたいという方向けに、こちらの記事で全手順画像付きで開設方法を解説しているので、これから開設する方は参考にしてみてください。

②:ConoHa Wing(レンタルサーバー)

ConoHa WING
利用頻度 (5.0)
料金720円/月~
おすすめ度 (5.0)

WordPressでサイトを作成するには、レンタルサーバーが必要です。

最近では、WordPressのセットアップを非常に簡単に出来るレンタルサーバーも増えてきています。

中でも最もおすすめなのは、「ConoHa WING」。

Shindy

僕が最も導入してよかったと思うツールの中の一つです

おすすめな理由は以下の通りです。

  • 表示速度が超高速で安定している
  • 実は格安サーバー並みの料金で利用可能
  • 初期費用無料で独自ドメインも永久無料
  • 初心者でも10分でWordPressサイトを開設できる
  • その他設定や操作がとても簡単
  • サポートが充実

第三者機関による満足度調査でも、7部門においてサーバー満足度No.1を獲得しています。

正直、コスパや性能、使いやすさを考えると、他を使う理由がないほどおすすめなレンタルサーバーです。

Shindy

初めて導入した時の表示速度の速さには感動を覚えました。ホントにこの料金でいいの?と言う感じでした

ConoHa WINGを使ってサイトを開設する方法は、「ConoHa WINGなら最短10分!Wordpressブログの始め方」で詳しく解説しています。

>>ConoHa WING公式サイト

③:SWELL(WordPressテーマ)

SWELL
利用頻度 (5.0)
料金17,600円(税込)(※一度の購入でずっと使えます)
おすすめ度 (5.0)

初心者なら、WordPressテーマは「SWELLがおすすめです。

SWELLは、なんといっても「直感的に操作できる圧倒的な使いやすさ」が特徴のWordPressテーマです。

デザイン性やコスパも優れていて、初心者でも完成度の高いサイトを作れるのは、SWELLがNo.1です。

僕が導入したツールの中で、ブログ生活を一変させてくれたほど感謝しているツールです。

初期投資はかかりますが、すぐに回収出来るほど優れたテーマですし、初心者にありがちな、「デザインやカスタマイズに時間を取られて記事を書けない」なんてこともなくなります。

Shindy

僕も導入前は投資を回収できるか超不安でしたが、あっという間に収益化できて、回収できました

>> SWELL公式サイト

SWELLについて詳しく知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

画像関連の便利ツール

アイキャッチ画像や記事内に挿入する画像素材と、その編集ツールの紹介です。

画像間連の便利ツール

④:O-DAN(フリー素材)

O-DAN
利用頻度 (5.0)
料金無料
おすすめ度 (5.0)

ブログでフリー素材を使うなら「O-DAN」がおすすめ。

複数の素材サイトをまとめて検索結果に表示してくれるので、素材探しのハシゴをしなくてもよくなります。

高画質な写真を、圧倒的な画像数から選ぶことができます。

海外の素材ですが、日本語で検索できるのも便利です。

Shindy

あらゆるサイトの中から高品質な素材を探し出してきてくれるので、画像探しの効率化がアップしました。

日本的な写真はないので、日本の写真を探すには向きません。

>>O-DANで画像を探す

⑤:写真AC(フリー素材)

photoAC
利用頻度 (3.0)
料金無料
おすすめ度 (3.5)

日本の素材で、もっとカジュアルな写真を使いたいなら、写真の数も圧倒的な「写真ACがおすすめです。

イラスト版の「イラストACや、「シルエットAC」もあります。

Shindy

O-DANよりカジュアルな画像が多いので、当サイトでは使う頻度は少なめですが、O-DANにはない素材も多いので重宝します。

素材をダウンロードするためには無料会員登録が必要になります。(30秒で出来ます)

一度登録すれば、3サイトすべて利用可能です。

>>写真ACの無料会員登録はこちら
※画面右上の「ダウンロード会員登録(無料)」から登録できます。

ただし、無料会員は制限があります。

無料会員有料会員
料金/月無料1,272円(税込)
年間契約は916円/月換算
ダウンロード上限1日9点まで無制限
ダウンロード時間15秒なし
検索回数5回無制限
有料素材ダウンロード×

使う頻度が高い人にとっては、この制限はかなり厳しいので(特に検索数)、有料会員(プレミアムサービス)に登録しておいた方がいいでしょう。

下記のプレミアムサービスをクリックし、次のページの「今すぐ参加する」をクリックすると申し込み画面になります。

写真ACのプレミアムサービス

>>写真ACのプレミアム会員登録はこちら

⑥:PNG to JPG(画像変換)

PNG to JPG
利用頻度 (5.0)
料金無料
おすすめ度 (4.5)

PNG to JPG」はpng形式のデータをjpg形式に変換してくれる無料のオンラインサービスです。

写真をPNGで使用すると、高画質な代わりに容量が大きくなります。

JPEGはデータ容量が軽いので、写真を扱う場合はjpgに変換しておくのがいいでしょう。

使い方はドラッグ&ドロップで、ダウンロードするだけです。

Shindy

表示速度改善のために、毎回やってます。

>>PNG to JPGを使ってみる

⑦:TinyPNG(画像圧縮)

TinyPNG
利用頻度 (5.0)
料金無料
おすすめ度 (4.5)

TinyPNG」はオンライン上で画像を圧縮できる無料サービスです。

画像を圧縮しても画質がほとんど劣化しないので、画像のデータサイズを小さくしたい場合におすすめです。

Shindy

体感では-30%くらい圧縮してくれる印象です

こちらもドラッグ&ドロップで、ダウンロードするだけなので、簡単です。

無料の場合、以下のような制限がありますが、こちらは無料でも十分です。

  • 画像のアップロードは20枚まで
  • それぞれ最大5MBまで

>>TinyPNGを使ってみる

⑧:Canva(画像編集)

Canva
利用頻度 (5.0)
料金無料
おすすめ度 (5.0)

Canva」は無料でプロ並みな画像編集が出来るWebサービスです。

すでにあるテンプレートから作成したり、たくさんの素材の中から思い通りのデザインを作成できます。

ブログでは、アイキャッチを作る際に非常に役にたつサービスです。

オシャレでセンスのあるテンプレートがそろっているので、作成に時間をかけたくない人は、テンプレートを少しいじるだけでOKです。

SWELLがアフィリエイトで稼ぐためにおすすめな3つの理由
Canvaで作成したアイキャッチ画像

無料では以下のように制限があります。

無料Pro企業
月額料金無料1,500円/月
年払いは12,000円(1,000円/月)
3,000円
無料テンプレート25万点42万点42万点
ストレージ容量5GB100GB無制限
有料写真×7,500万点7,500万点
デザインサイズ変更×
その他特徴100種類以上のデザインタイプを選べる独自のフォントとロゴをアップロードブランドキットやブランドコントロールが利用可能
24時間365日のサポート
有料の場合の写真素材の数は圧巻です

しかし、素材に制限がある以外は、無料でも全く困らないほど便利なサービスなので、必須のツールです。

Shindy

実は当初は知らなかったツールでしたが、とにかく簡単におしゃれな画像が作成できるので重宝しています。
僕は無料版を使っていますが、有料版の素材を使いたいなと思う以外は十分すぎるほどです。

>>Canva公式サイト

記事作成時の調査系便利ツール

キーワード調査や競合調査など、記事作成時に役に立つ便利ツールです。

記事作成時の調査系便利ツール

⑨:Rank Tracker(検索順位チェックツール

Rank Tracker
利用頻度 (4.0)
料金無料~
おすすめ度 (4.5)

ブログを運営するのであれば必須な検索順位チェックツール。

日々順位をチェックしながら、記事の改善をしていきます。改善後は順位を見てまた対策。

これを繰り返すことで上位表示を狙っていきます。

最も使いやすくて機能が優れているのは、「Rank Trackerです。

無料でも使えますが、機能は制限されます。無料で使えるツールでは最もおすすめです。

Shindy

他のツールと比べて、測定の時間が短くエラーも少ないので、とても使いやすいです

>>Rank Tracker【日本語サイト】

安くてコスパのいいツールであればGRCです。

⑩:キーワードプランナー(検索ボリューム調査)

キーワードプランナー
利用頻度 (5.0)
料金無料~
おすすめ度 (4.5)

誰も調べないような検索ボリューム0のキーワードを設定しても、アクセスは増えません。

そこで、キーワードの検索ボリュームを調べるのに便利なツールが「キーワードプランナー」。

複数のキーワード候補の検索ボリュームを一気にまとめて調査できます。

ただし、無料で使用する場合はボリュームの数値がざっくりになるので、詳しい数値を知りたい場合は広告を出稿する必要があります。
(※とはいっても月額200円もあれば出稿可能です。)

Shindy

使い始めが重いのが難点ですが、なんだかんだキーワードプランナーが一番よかったです。

キーワードプランナーの使い方は、以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

>>キーワードプランナー公式サイト

⑪:Ubersuggest(検索ボリューム調査)

Ubersuggest
利用頻度 (4.0)
料金無料~
おすすめ度 (4.5)

Ubersuggest」は、キーワードプランナーのようなキーワード調査ツールです。

キーワードプランナーと同様キーワード候補をサジェストしてくれるのですが、キーワードプランナーの無料版は検索ボリュームがざっくりな数値であるのに対し、Ubersuggestは無料版でもかなり具体的な数値で表してくれます。

また、検索流入の難易度(SEOの難易度)も示してくれるため、アフィリエイターの間では、無料で検索ボリュームを探すならUbersuggestとまで言われていました。

しかし、現在Ubersuggestの無料版は一日の検索回数に制限がかかってしまい、正直使い物になりません…。

Shindy

回数制限のない有料版は2,990円/月となかなか高額です。

そこで便利なのが「Google拡張機能のUbersuggest」。拡張機能で使用すれば、回数制限はありません。

以下のように、月間検索ボリュームやサジェストキーワード、SEO難易度などが得られます。

Google拡張機能のUbersuggestの検索画面

ただし、キーワードプランナーのように複数のキーワードを一気に調べることはできないので、使い分けるのがいいでしょう。

>>Google拡張機能のUbersuggestを導入する

⑫:ラッコキーワード(関連キーワード調査)

ラッコキーワード
利用頻度 (5.0)
料金無料
おすすめ度 (5.0)

ラッコキーワードとは、無料で利用できる関連キーワード取得ツールです。

キーワードを入力すると、そのキーワードを含んだ関連(サジェスト)キーワードを取得してくれるのです。

さらに、以下のような便利な使い方もできます。

  • サジェストキーワードをさらに深堀り
  • Q&Aを見る
  • Googleトレンドを見る
  • 共起語βを見る
  • 見出し(hタグ)抽出

キーワード選定には必須のツールなので、登録しておきましょう。

会員登録は無料で、30秒で完了します。

>>無料でラッコキーワードに会員登録する

Shindy

「関連キーワード取得」はもちろん、「見出し抽出機能」が超便利です

使い方は以下の記事で詳しく紹介しています。

⑬:MozBar(競合調査)

MozBar
利用頻度 (4.0)
料金無料
おすすめ度 (4.5)

キーワード調査では、競合の強さの確認は必須です。

そこで活躍するのが、Google Chromeの拡張機能MozBar

検索結果にライバルのドメインパワーの強さを表示してくれます。

ただし、これはMoz独自の調査による予測結果であり、Googleの評価と必ずしも一致するわけではないので、あくまで判断基準の参考までにしましょう。

Shindy

Google拡張機能のUbersuggestと併用すると便利です。
けっこう重いので、使わない時はOFFにしておきましょう。

MozBarの具体的な活用方法も以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

>>Google拡張機能のMozBarを導入する

分析&改善系便利ツール

最後は、コンテンツの分析や改善に役に立つツールです。

分析&改善系便利ツール

⑭:PageSpeed Insights(表示速度改善)

PageSpeed Insights
利用頻度 (2.5)
料金無料
おすすめ度 (4.5)

PageSpeed Insights」は、Googleが提供しているページ速度のスコアと改善方法が確認できるオンラインサービスです。

URLを入力して、分析をクリックするだけで測定可能です。

表示速度はSEOにも大きくかかわってくるため、サイトの速度の改善にぜひ活用してみてください。

なお、PageSpeed Insightsの注意点を以下の記事で解説しています。

スコアにこだわりすぎは要注意です。

>>PageSpeed Insights

⑮&⑯:Googleアナリティクス&サーチコンソール(サイト分析)

Google analytics
利用頻度 (5.0)
料金無料
おすすめ度 (5.0)

ブログの解析には、「Googleアナリティクス」と「サーチコンソール」が必須ツールです。

どちらもGoogleアカウントがあれば無料で使えます。

Googleアナリティクスで出来ること

  • アクセス数
  • ページ滞在時間
  • どれだけの人が離脱してしまったか
  • ページごとの分析

サーチコンソールで出来ること

  • どのクエリで見つけられたのか
  • キーワードの検索順位
  • クリック率
  • インデックスリクエスト

他にも多くの機能があり、どれもブログの現状の分析やリライト(改善)には欠かせません。

データの蓄積は登録後から始まるので、ブログ開設と同時に必ず登録しておきましょう。

Shindy

特にサーチコンソールは、改善のための情報の宝庫です

>>Google Analytics公式サイト

>>Google Search Console公式サイト

⑰:Clarity

Clarity
利用頻度 (2.0)
料金無料
おすすめ度 (4)

Clarity」は、Microsoftが提供する、ユーザーの動きが分かる無料で使えるヒートマップです。

Clarityのすごいところは、ユーザーがどこまで読んだか、どこをクリックしたかが分かるだけでなく、レコーディング機能で実際にどんな風にサイトを見て回ったのかが分かってしまうところです。

Clarityのレコーディング機能

他にも多くの分析機能を備えており、これ一つでユーザーの動きが手に取るように分かります。

他の無料ヒートマップのように解析できるエリアの制限もありません。

Shindy

これが無料とは信じられないほどの高機能ツールです

間違いなく入れておいて損はないツールです。

>>Clarity

まとめ

最後にもう一度ツールをおさらいしておきます。

ブログ運営便利ツール

他にも便利なツールはまだまだありますが、今回紹介したツールは、今ではどれも欠かせない必須ツールです。

無料で使えるツールも多いので、入れておいて損はないです。

次回は超便利なプラグインも紹介したいと思います。

紹介したツールを使いこなして、コンテンツの質を高めていきましょう。

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる