ConoHa WINGの口コミ・評判と使って感じた4つのデメリット

ConoHa WINGレビュー
悩んでいる男性

ConoHa WINGが最近評判がいいと聞いたんだけどホント?コスパがいいって聞いたんだけど。

悩んでいる女性

サーバーって長い付き合いになるから、本当の評判やメリット・デメリットを教えてほしい!

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • 実際に使ってみた感想
  • ConoHa WINGの評判・口コミ
  • メリット・デメリット
  • どんな人にConoHa WINGがおすすめ?
  • ConoHa WINGを安く使う方法はある?
この記事を書いた人
Shindy
  • 本職は最高マーケティング責任者
  • しんでぃブログ(主にブログ運営×SWELL)
  • ブログ開設5か月目で5桁収益(8ヶ月で最高3.6万)
  • 当サイトは実際にConoHa WINGを使用しています

Twitter : (@shinshindy33)

レンタルサーバーといえば「エックスサーバー」が有名で、多くのユーザーが勧めています。

しかし実は最近、ブロガーやアフィリエイターの間で、「ConoHa WING」の評判が急上昇中です。

この記事では、ConoHa WINGの口コミや評判を紹介し、人気の秘密に迫ります。

実際に2020年から使ConoHa WINGを用している僕が、使ってみて感じたメリット・デメリットについても解説します。

結論から言うと、最初からConoHa WINGにすればよかったです。

これを読めば、初心者には分かりにくいレンタルサーバーの悩みを解決できます。

今なら最大40%OFF(月額792円~)から使える期間限定のキャンペーン実施中です!

期間限定で格安サーバー並みの料金

【2021年6月7日(月)18:00まで】

目次

【総合評価4.8】ConoHa WINGの評判は本当です

ConoHa WINGの評価 (4.8)

表示速度 (5.0)
値段 (4.5)
使いやすさ (5.0)
導入・移行のしやすさ (4.5)
サポート (5.0)
総合評価 (4.8)

ネットではコスパのいいサーバーと評判のConoHa WINGですが、本当のところはどうなのでしょうか。

結論からお話しすると、僕がConoHa WINGを使ってみた総合評価は、 (4.8)です。

初めての方にもサーバー移行を考えている方にも、「ConoHa WING」は十分オススメできるレンタルサーバーです。

Shindy

絶賛しすぎでは?と思われる方もいるでしょう。

しかし実際に、hitodeblogの☆←ヒトデさんや、マクリンさんなど、超有名なアフィリエイターも使用しています。

ブロガーやアフィリエイターだけでなく、企業サイトにも導入されており、その信頼性は抜群です。

さらに、株式会社日本マーケティングリサーチ機構が2021年2月に行ったレンタルサーバー分野のインターネット調査でも、7部門においてサーバー満足度No.1を獲得しました。(ConoHa WINGにおいては、3部門で2年連続No.1)

第三者機関からも評価されているレンタルサーバーです。

では、ConoHa WINGはなぜ人気なのか。その理由について見ていきたいと思います。

ConoHa WINGを実際に使ってみた本音レビュー

実際にConoHa WINGに移行してみて感じたことは以下の通りです。

  • 表示速度がめちゃくちゃ高速になった。
  • この金額で使っていいの?と言うお得さ
  • 移行は簡単との触れ込みだったが、どうすればいいか少し迷った。

高性能で表示速度が速く、その割に低価格で利用できるので、めちゃくちゃコスパがいい。

エックスサーバーを押す人も多いですが、「ConoHa WINGはコスパがいい」と言う評判は本当でした

一方で、今回はサーバー移行でしたが、完全に移行するのに少し戸惑いました。

と言うのも、ConoHa WINGにはWordPressかんたん移行ツールがあるのですが、実はこれを使って移行すれば作業終了ではなかったのです。

公式サイトの移行手順のマニュアルである、「ConoHa WINGお乗換えガイド」を確認せずに作業を進めたのが原因です。

Shindy

「WordPressかんたん移行ツール」で終わりだと思って、そこから迷いました。

マニュアルに沿って手順通りに行っていけば問題なくできるので、まずは全体の流れを把握しておくといいです。

>>さくらからConoHa WINGへのドメイン移管・移行方法完全ガイド

では、詳しい解説をしていきます。

ConoHa WINGの評判・口コミ

それでは、気になるConoHa WINGユーザーの評判を見てみましょう。

Twitter上で口コミを調査してみました。

悪い評判・口コミ

ConoHa WINGの悪い口コミは以下の通りでした。

  • 初心者にはそれでも難しい
  • 格安サーバーなどもっと安いサーバーもある
  • 管理画面が重い
  • 情報が少ない

簡単と言えど初心者にはそれでも難しい

Shindy

僕も移行時は分からないことがあり迷いました。これは知っておくといい評判ですね

格安サーバーなどもっと安いサーバーもある

Shindy

実際に格安サーバーを使いました。確かに安いですがコスパはよくないです

管理画面が重い

https://twitter.com/munakata_web/status/1370518345590607874
Shindy

評判通り、確かに読み取りにやや時間がかかり、サクサクではないです

情報が少ない

Shindy

コチラも評判通り、他社サーバーと比べると情報は少ないですね

大きなデメリットと言えそうな悪い口コミはあまり見当たりませんでした。

迷われている方は、老舗のエックスサーバーと迷っているようです。

Shindy

情報という意味では、実績があり老舗のエックスサーバがいいですね

良い評判・口コミ

一方ConoHa WINGの良い口コミは以下の通りでした。

  • 設定が簡単
  • 速度が高速(ほとんどがこれ)
  • コスパがいい
  • 使いやすい

設定が簡単

Shindy

ワンクリックで出来る設定が多く、簡単に出来るよう工夫されています

速度が高速

Shindy

表示速度は僕の中で一番価値を感じた点です!

コスパがいい

Shindy

この性能でここまで安くていいのかという感じです

使いやすい

Shindy

管理画面も分かりやすく、使いやすさは抜群です

その他

Shindy

全体的には「速度が速い」という意見が多かったです。

速くて使いやすくて、コスパが抜群のいいと言うのが大方の評判のようです。

これは個人的に感じているメリットと同じなので、同感です。

使って分かったConoHa WINGのメリット・デメリット

次に、実際に使ってみて分かったのメリット・デメリットから紹介していきます。

ConoHa WINGのデメリットは以下の4つです。

デメリット4つ
  • 無料お試し期間がない
  • 運用歴が浅く、情報が少ない
  • ブログ超初心者には格安サーバーでも十分
  • WAFが強すぎて動作がエラーになることがある
メリット7つ
  • 表示速度が超高速
  • 集中アクセスでも高速・安定
  • 実は格安サーバー並みの料金で利用可能
  • 初期費用無料で独自ドメインも2つ永久無料
  • 初心者でも10分でWordPressサイトを開設できる
  • WordPressの移行(サーバー乗り換え)も簡単
  • WordPressのサイト複製が超かんたん

順番に説明していきますね。

ConoHa WINGを使って感じたデメリット4つ

ConoHa WINGの使って分かったデメリット4つです。

ConoHa WINGのデメリット4つ

  1. 無料お試し期間がない
  2. 運用歴が浅く、情報が少ない
  3. ブログ超初心者には格安サーバーでも十分
  4. WAFが強すぎて動作がエラーになることがある

①無料お試し期間がない

大半のレンタルサーバーは無料お試し期間がありますが、ConoHa WINGでは無料お試し期間はありません。

ただし、初期費用・最低利用期間なしのため、いつでも気軽に始められます。

お試しで使うのであれば、時間単位の料金体系である通常のプランから試すのがおすすめです。

通常プランの時間課金
通常プランは時間単位

②運用歴が浅く、情報が少ない

エックスサーバーなどと比べて、ConoHa WINGは運用歴が浅く、ネットに出回っている情報も少ないです。

下記は、老舗レンタルサーバーとConoHa WINGの、実際の検索画面でのヒット数の比較です。

エックスサーバーの検索ヒット数

検索結果のヒット数の比較

エックスサーバーさくらのレンタルサーバConoHa WING
883万件136万件92万件
Shindy

情報量には大きな差がありますね

しかし、運営会社のGMO自体は、インターネット事業としての運営歴はエックスサーバーより10年以上長く、実績抜群でサポートもかなり手厚いです。

24時間365日問い合わせが可能です。

③ブログ超初心者には格安サーバーでも十分

料金の面だけで言えば、格安サーバーの方が安いです。

1年契約・独自ドメイン1年取得の場合

ConoHa WINGエックスサーバーmixhostさくらのレンタルサーバLOLIPOP
料金/月1,320円1,100円1,078円524円550円
独自ドメイン/年永久無料
(2つ無料)
110円(更新::1,298円)1,078円1,886円無料
初期費用無料3,300円無料1,048円1,650円
年間料金15,840円16,610円14,014円9,222円8,250円
月換算料金1,320円1,384円~1,167円768円687円
※2021年3月31日現在。料金は変動します

正直なところ初心者であれば、「さくらのレンタルサーバ」や「LOLIPOP」であれば、実績もあり性能もそこそこなので十分だと思います。

Shindy

いくらサーバーが高性能であれ、アクセスの少ないブログ初心者にはその恩恵はほぼないですからね。

ただし、メリット③で説明しますが、もっとお得な料金で使えるのでご安心を

一方で、その性能には限界があります。

ある程度ブログに慣れてきて表示速度の高速化にもこだわったり、アクセス数が増えてくると格安サーバーでは厳しくなってきます。

以下は「さくらのレンタルサーバ」を利用している当サイトのPageSpeed Insightsの改善点です。

高速化の対策はバッチリできているのですが、サーバーの応答速度だけが原因で、表示速度のスコアパフォーマンスを下げてしまっています。

格安サーバーは応答速度が遅い

しかもGoogleは、2021年6月ごろをめどに、ページの表示速度が検索順位のランキングの要因とすることを発表しています。

高速サーバーの利用は、いずれ避けて通れなくなります。

④WAFが強すぎて動作がエラーになることがある

実はこのデメリットは、全く情報が出回っていませんが、ConoHa WINGのWAFが強力すぎて、WordPressやプラグインの設定がうまく更新できないことがあります。

WAF(Webアプリケーションファイアウォール):

Webサイトの脆弱性を悪用した攻撃を防ぐのに有効なセキュリティのアクセスについて特定のIPアドレスからのアクセスを遮断するように設定することができます。

悩んでいる男性

分かりやすく言うとどういうこと?

Shindy

サーバーが外部からの攻撃を防ぐ機能があるのですが(WAF)、その機能が強力すぎると、間違えて攻撃でないものを攻撃と判断してしまい、エラーが起きてしまうんです。

もしエラーが起こった場合は、ConoHa WINGのWAF設定をいったんOFFにして、設定後に戻せば問題ありません。

管理画面で切り替えるだけ

ほとんど見かけることはないケースですが、その他のサーバーでも稀にあります。

ConoHa WINGを使って感じたメリット7つ

一方、ConoHa WINGのメリットは以下の7つです。

ConoHa WINGのメリット7つ

  1. 表示速度が超高速
  2. 集中アクセスでも高速・安定
  3. 実は格安サーバー並みの料金で利用可能
  4. 初期費用無料で独自ドメインも2つ永久無料
  5. 初心者でも10分でWordPressサイトを開設できる
  6. WordPressの移行(サーバー乗り換え)も簡単
  7. WordPressのサイト複製が超かんたん

こちらも一つずつ見ていきますね。

表示速度が超高速

処理速度ランキング

ConoHa WINGは国内最速とうたっている通り、国内サーバーではトップクラスの処理速度です。

人気のエックスサーバーも国内最速と言われていますが、実はこの「最速」の定義はあくまで自社調べです。

Shindy

車で言えば、「燃費はAQUAかNOTEかフィットか」論争みたいなものかもしれませんね。

しかしスペックを見てみると、ConoHa WINGが最速と言われるのも納得です。

ConoHa WINGが最速である理由
  • エックスサーバーが採用している「FastCGI」より20%速い「LiteSpeed LSAPI」を採用
  • 独自チューニングのキャッシュ機能:エックスサーバーにはない「コンテンツキャッシュ」を実装

実際に「エックスサーバー」から移行して早くなったという方は多いです。

Shindy

当サイトも体感で分かるほど速くなりました!サクサクしてて気持ちいいです

下記のデータは当サイトで実際にサーバー変更前後(さくらのレンタルサーバから移行)で計測した、PageSpeed Insightsのスコアです。

ConoHa Wing 変更前のPSIのSPのパフォーマンス
KonoHa Wing 変更前:SP
ConoHa Wing 変更前のPSIのPCのパフォーマンス
KonoHa Wing 変更前:PC

サーバーの読み込み時間も大幅にダウンしました。

ConoHa WINGに変える前のサーバー応答時間
ConoHa WING変更前

②集中アクセスでも高速・安定

ConoHa WINGの安定性

表示速度は速いけど、時間帯やアクセス数によってサーバー速度が安定しないようでは意味がありません。

その点ConoHa WINGは、アクセスが集中しても常に安定した速度を維持できます

ConoHa WINGが安定している理由
  • 同時大量アクセスや大容量のデータ配信に強い「Nginx」を採用
  • リザーブドプランで他ユーザーの利用状況に左右されない安定した環境を実現

品質保証値はサーバーの月間稼働率99.99%以上なので、サーバーが落ちることはほぼなさそうです。

リザーブドプランで安定性を確保
リザーブドプランで安定性を確保

具体的には、リアルタイムで1000人来ても余裕なレベルです。

③実は格安サーバー並みの料金で利用可能

デメリット③で、ブログ超初心者には格安サーバーでも十分と紹介しましたが、実は「ConoHa WING」なら、格安サーバー並みの料金で利用可能です。

「ConoHa WING」は比較的新しいレンタルサーバーのため、ユーザーを獲得するために頻繁にキャンペーンを行っているのです。

「エックスサーバー」や「mixhost」などの同等レベルのスペックと比べてもお得に利用できます。

現在キャンペーン開催中!【2021年6月7日まで】:
WINGパック「ベーシックプラン」が最大40%OFF(月額792円~)
>>キャンペーン情報詳細

キャンペーンあり・1年契約・独自ドメイン1年取得の場合の料金

ConoHa WING
(WINGパック)
エックスサーバー
(X10)
mixhost
(スタンダード)
さくらのレンタルサーバ
(スタンダード)
LOLIPOP
(スタンダード)
料金/月1,320円
891円
1,100円1,078円524円550円
独自ドメイン/年永久無料
(2つ無料)
110円
永久無料
1,078円1,886円永久無料
初期費用無料3,300円
0円
無料1,048円1,650円
年間料金15,840円
10,692円
16,610円
13,200円
14,014円9,222円8,250円
月換算料金1,320円
891円
1,384円
1,100円
1,167円768円687円
キャンペーン時の料金(2021/05/13)。すべて税込み

さくらのレンタルサーバが768円/月と比較して、ConoHa WINGは891円/月。(2021年05月13日現在)

圧倒的なコスパです。

格安サーバーと比較してほとんど料金が変わらないのであれば、高性能なConoHa WINGを選ばない理由はないですよね。

④初期費用無料で独自ドメインも永久無料

「ConoHa WING」は、初期費用独自ドメイン費用も無料です。

.comを取得した場合の独自ドメイン料金

  • ConoHa WING:永久無料しかも2つ
  • エックスサーバー:初回110円/年(2年目以降更新料、1,298円)
  • mixhost:1,078円/年

エックスサーバーは、キャンペーン等で独自ドメインを1年無料や永久無料にしている時もありますが、適用するにはプランや移管非対応など条件があり、基本的には有料です。

一方で、ConoHa WINGは条件はなく独自ドメインが永久無料です。

しかも2021年3月30日より、最大2つまでドメインが永久無料になりました。

▼2つ目の枠で取得できるドメイン
 「.online」「.space」「.website」「.tech」「.site」「.fun」
 「.tokyo」「.shop」から1つ

また、初期費用の点でもConoHa WINGにメリットがあります。

初期費用

  • ConoHa WING:無料
  • エックスサーバー:3,300円
  • mixhost:無料

エックスサーバーは基本3,300円であるのに対し、ConoHa WINGとmixhostは無料

Shindy

ConoHa WINGなら初期投資が抑えられますね

⑤初心者でも10分でWordPressサイトを開設できる

WordPressかんたんセットアップ

ConoHa WINGなら、初心者でもWordPressを使ったサイトが簡単に開設できます。

方法は簡単で、申し込み時に「WordPressかんたんセットアップ」を使って必要情報を入力するだけ。

ConoHa WINGなら、簡単にサイトが開設できる

面倒くさい独自ドメインもSSL化もまとめて設定でき、10分で作業完了です。

Shindy

初心者にとっては非常に大きなメリットです

しかも、ConoHa WINGのコントロールパネルから、WordPressテーマも導入可能です。

有料テーマは「SANGO」と「JIN」のみですが、通常価格より安く購入することができます。

WordPressをインストールして、テーマを導入するところまでサポートがついているので、初心者にはとても易しいレンタルサーバーですね。

サイト開設については、以下の記事で画像付きで丁寧に紹介してますので参考にしてください。

>>ConoHa WINGなら最短10分!Wordpressブログの始め方

⑥WordPressの移行(サーバー乗り換え)も簡単

ConoHa WINGには「WordPressかんたん移行」という、移行ツールがあるため、現在利用中のレンタルサーバーからの移行も簡単に出来ます。

移行方法は簡単で、コントロールパネルからサイトURLなどの基本情報を入力した後、ワンクリックするだけで完了です。

かんたん移行ツール画面

かんたん移行ツール画面
ここに必要な情報を入力するだけです

サーバーは、ただでさえ初心者には難しい用語だらけなので、さらに難しいサーバー移行が簡単に出来るのは非常に助かります。

Shindy

公式サイトの通りに設定したら問題なくできました。パスワードがたくさん必要なので、作成したら必ずメモしておきましょう

それでも心配な場合は、「WordPress移行代行」で専門家に移行を依頼できるので、サーバーに詳しくなくて移行をためらっている人でも安心です。

⑦WordPressのサイト複製が超かんたん

例えば、複数サイトを運営したい時、今あるサイトのすべてのデータを別サイトに一旦コピーしてから、必要な部分だけ新しく作り直したいことありませんか?

そんな時、ConoHa WING上で公開されているWordPressサイトなら、標準機能で別のドメインへ簡単にコピーできます。

方法は簡単。コントロールパネル上でサイトコピーをクリックし、コピー元とコピー先を選択するだけで、すぐにサイトを複製できます。

コピー範囲も選択できます。

  • 記事等を含めた全サイトデータを丸ごとコピー
  • テーマとプラグインのみコピー

これによって、テーマやプラグインの設定、画像のアップロードや記事の作成等は一切不要になり、WordPressサイトの複製時間を大幅短縮することができます。

>>WordPressサイトコピー機能の利用方法はこちら

ConoHa WINGのプランはどれを選べばいい?

悩んでいる男性

じゃあ、どのプランを選ぶのが一番いいの?

Shindy

これは迷う必要はないです!

プランは個人のブログであれば、ひとまずWINGパックの「ベーシック」で十分です。

それ以上はオーバースペックです。

2021年2月26日にSSDの容量が増量され、ベーシックでも250GB→300GBになりました。

この容量は月に数百万PVに耐えうる容量なので、ベーシックで十分なのです。

契約期間が長ければよりお得になりますが、途中で変更する可能性を考慮すると12ヶ月が無難でしょう。

>>WINGパックはこちら

WINGパック「ベーシック」:最大40%OFF実施中!

契約期間料金
3ヶ月1,320円 1,210円/月
6ヶ月1,320円 1,100円/月
12ヶ月1,320円 891円/月
24ヶ月1,320円 842円/月
36ヶ月1,320円 792円/月

もし、お試しで使ってみたいということであれば、「WINGパック」ではなく「通常」で申し込むのもアリです。

「通常」は時間単位で利用料金が区切られていて、最大で月1,320円が上限です。

「通常」は最大1320円
Shindy

使った分だけの料金で、上限もあるので、安心してお試しできますね

レンタルサーバーによっては、契約中のプラン変更はできないので注意が必要ですが、ConoHa WINGはプランの変更はいつでも可能です。

ConoHa WINGはプランも豊富にあるので、もしプランを変えたくなった時の為に、「とりあえず」でスタートできるのもメリットですね。

ConoHa WINGと各社サーバーとの比較

各社レンタルサーバー比較

※キャンペーン適応時(2021/5/13時点)

各社レンタルサーバーの比較をしてみました。

これまではエックスサーバーとConoHa WINGの比較がメインでしたが、ロリポップの「ハイスピードプラン」の料金と性能が見直されたため、3社の争いとなりました。

比較をまとめると以下のようになります。

レンタルサーバー比較まとめ

  • 最も安いのは「さくらのレンタルサーバ」
  • トータルで最もコスパがいいのは「ConoHa WING」
  • 表示速度はやや「ロリポップ」優勢。時点で「ConoHa WING」・「エックスサーバー」
  • 最も使いやすいのは「ConoHa WING」
  • 実績なら「エックスサーバー」

ConoHa WINGは、初心者でも非常に使いやすく、コスパがいいサーバーと言えます。

ConoHa WINGはどんな人におすすめ?

では、どんな人がConoHa WINGを使うといいのでしょうか?

ConoHa WINGがおすすめな人

ConoHa WINGがおすすめな人はこんな人です。

  • サイトを高速化してSEO対策をしたい
  • 高性能かつコスパのいいサーバーを使用したい
  • 簡単にサイトを立ち上げ・移行したい
  • 使いやすいサーバーがいい
Shindy

とにかく迷っているのあれば、ConoHa WINGなら絶対後悔しないです

ConoHa WINGに向いていない人

逆にこんな人にはConoHa WINGは向きません。

  • とにかく安く利用したい
  • 運営歴が長く、信頼性・安定感を重視したい
  • 情報がたくさんある方がいい

老舗の安定感やネットでの情報量を求めるならエックスサーバーです。

とにかく料金を抑えたい人は、「さくらのレンタルサーバ」や「LOLIPOP」が実績があり、いいと思います。

ConoHa WINGの導入方法

ConoHa WINGでは、かんたんセットアップを利用すれば、最短10分でConoHa WINGを使ったWordPressブログが解説できます。

設定方法はこれだけです。

ConoHa WINGの導入方法

  1. サーバーを契約する(3分)
  2. WordPressかんたんセットアップ(7分)
  3. 常時SSL化の設定をする(1分)

詳しい導入手順に関しては、以下の記事で画像付きで丁寧に紹介してますので参考にしてください。

レンタルサーバーを導入したら、テーマを導入しましょう。

WordPressでは、デザインテーマをインストールすることで、サイトを簡単にカスタマイズ・デザインすることができます。

初心者の場合は、どれを導入すればいいのか、どんな基準で選べばいいのか分からないと思うので、以下の記事を参考にしてみてください。

Shindy

当サイトの使用テーマはSWELLです。どうしても迷った場合は、無料ならCocoon、有料ならSWELLを選んでおけば間違いないです。

最大40%OFFの期間限定キャンペーン実施中

今なら、2021年6月7日(月)18:00まで、『30万アカウント突破記念キャンペーン』という、12ヶ月契約以上のWINGパック「ベーシックプラン」が最大40%OFFになるキャンペーンを行っています。

36か月契約の場合は792円/月、12ヶ月の場合は891円/月と格安サーバー並みの料金です。

しかもConoHa WINGは初期費用無料で独自ドメインも永久無料なので、破格の料金設定です。

期間限定なので、お申し込みはお早めにどうぞ。

\期間限定キャンペーン実施中/

まとめ:レンタルサーバーなら間違いなくConoHa WING

以上、ConoHa WINGのメリット・デメリット、評判について解説しました。

ConoHa WINGのデメリット4つ

  1. 無料お試し期間がない
  2. 運用歴が浅く、情報が少ない
  3. ブログ超初心者には格安サーバーでも十分
  4. WAFが強すぎて動作がエラーになることがある

ConoHa WINGのメリット7つ

  1. 表示速度が超高速
  2. 集中アクセスでも高速・安定
  3. キャンペーンが頻繁にあり、格安サーバー並みの料金で利用可能
  4. 初期費用無料で独自ドメインもつまで永久無料
  5. 初心者でも10分でWordPressサイトを開設できる
  6. WordPressの移行(サーバー乗り換え)も簡単
  7. WordPressのサイト複製が超かんたん

エックスサーバーを押す人は多いですが、僕はConoHa WINGを選んで本当によかったと思います。

管理画面は使いやすいし、速度は超高速だし、何よりどのサーバーよりコスパがいい。

初めての方にも、サーバー移行を考えている方にも、超おススメのレンタルサーバーなので、迷ったら「ConoHa WING」を選べば間違いありませんよ。

是非サーバー選びの参考にしてみてください。

\圧倒的コスパのいい高性能レンタルサーバー/

ConoHa WINGレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる