アフィリエイトブログは複数運営すべき?結果的に1点集中を選んだ理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を読む前に、以下の状況があなたに当てはまるか確認してみてください。

※当てはまらない場合は、読むだけ無駄な記事です。

ブログを開設した。

毎日仕事や育児でハードだけど、何とか空き時間に少しづつ更新をして、そろそろ3ヶ月~6か月。

30~50記事ほど書いたけど、収益がほとんどなくジャンルもバラバラな雑記ブログになってしまっている。

「特化サイトの方がSEOにいいし最短で収益化しやすい」と最近聞いたので、新しくブログを立ち上げようか迷っている。

実際に複数サイトを運営してみてどうなのか知りたい。運営方法も教えて!

当てはまりましたでしょうか?

当てはまった方は、この記事を読めば、自分が複数サイトの運営に向いているかいないかが分かります。

この記事の内容
  • 複数運営のメリットとデメリット
  • 複数運営と1点集中どちらがあっているか
  • 特化ブログにできない時はどうすればいい?
この記事を書いた人
しんでぃ
  • 本職は最高マーケティング責任者
  • しんでぃブログ(主にブログ運営×SWELL)
  • ブログ開設5ヶ月目で5桁収益
  • 現在8ヶ月で最高3.6万

Twitter : (@shinshindy33)

目次

結論:アフィリエイトブログの複数運営は大変!1点集中で伸ばす

集中してブログに取り組む

僕は、実際に複数サイトを運営してみたわけではありません。

ただ複数サイトを運営しようとして、徹底的に調査した結果、そもそも立ち上げる前から結論が出ました。

結論は、ブログだけに生活を賭けているような人でない限り、複数サイト運営にはメリットがないということです。

よく、「特化サイトの方がSEOにいいから、特化サイトで複数持った方がいい」なんてアドバイスを目にします。

確かにその通りなんです。

その通りなんですが、それは「ブログ運営全体」において、全く多角的にとらえられてない、短絡的な結論です。

それでは、なぜこの結論に至ったかについてお話していきます。

複数のアフィリエイトブログ運営を考えた理由

複数のブログ運営

僕がそもそも複数サイトを運営しようと考えた理由からお話しします。

複数のブログ運営を考えた理由
  1. 収益の最大化
  2. ユーザビリティ×SEOの観点
  3. リスクマネジメント

収益の最大化

これはそのままです。

1つのブログから9万円を発生させるより、3つのブログから3万円ずつ発生させる方が難易度は低いです。

なので、複数ブログを運営することにより、難易度の低い方法で、より多くを稼ごうと考えたためです。

ユーザビリティ×SEOの観点

雑記ブログよりも特化ブログの方が、ユーザーからしてもSEOの観点からしても、評価が高まります。

  • 特化ブログ:専門性があり情報に特化しているので、SEOに強くユーザーにも分かりやすい
  • 雑記ブログ:情報が分散しているので、SEOに弱くユーザーにも分かりにくい

例えば、学生が「あるゲーム」について検索で流入してきたとして、その記事以外で役に立つ情報がないかな?とサイト内を検索した時に、「育児グッズ」なんてあっても全然興味ないですよね。

むしろ、育児について90記事あって、あるゲームについて2記事しかなかったら、「本当にこの人このゲームについて知ってる?」ってなりますよね。

SEOも同様で、様々なジャンルが入り混じっているサイトは、「このサイト、何についてのサイトなの?」と専門性を疑われて、評価が下がってしまいます。

Shindy

全くテーマと関係ない記事がポツンとあっても、内部リンクもできなくなってしまいます。

リスクマネジメント

一つのジャンルのみを扱っている場合、そのジャンルに何か悪影響があった場合には、収益が大きく減少してしまいます。

しかし、複数サイトで別々のジャンルを持っていることで、リスクを分散させることができるのです。

恐怖のGoogleアップデートで、あるジャンルが一気に検索順位を落としても、その他のジャンルで生き残れますよね。

複数のアフィリエイトブログを運営するメリットとデメリット

複数のアフィリエイトブログを運営するメリットとデメリット

複数のアフィリエイトブログを運営するメリット・デメリットは何なのでしょうか。

複数運営のメリット・デメリット

メリットデメリット
特化サイトを作成できる 運営・管理がとにかく大変
収益ポイントが増える 書ける記事数が分散する
リスクマネジメントになる ドメインの成長も分散し時間がかかる
成功パターンをテンプレート化し、横展開できる 結果、どれも稼げない

複数のブログを運営するメリットは、リスクを分散できることと、特化サイトにしやすく収益ポイントが増えることでしょう。

特に初心者の場合は、最初のうちは雑記になりがちなブログを、カテゴリごと丸々新サイトに移せば、特化でSEOに強いサイトを作ることができます。

ちなみに、複数サイトを運営する場合は、様々なドメインの取得方法があります。

サブドメイン・サブディレクトリならコストもかからず無料で始められます。

一方で、運営はとても大変です。

  • メンテナンス(アップデート、不具合修正など)
  • 分析ツールチェック(アナリティクス・サーチコンソール・検索順位)
  • SNSで新サイトのターゲットに合った別アカウントを運営
  • 記事作成・リライトをメインサイトと同時並行

これらすべてを、メインサイトと同時並行で行わなければいけないので、2倍以上の労力を要します。

Shindy

他にも、別アカウントでSNSを運営するなら、アイコンを作成しなければいけませんし、フォロワーも0からのスタートです。

記事数も必然的に減るので、ドメインパワーも育ちにくく、成果が出るようになるまで時間がかかります。

1点集中のメリット・デメリット

メリットデメリット
運営・管理がラク 雑記の場合、特化できない
記事数が増えやすい 収益ポイントが少ない
ドメインの成長が早い リスク分散がしにくい
コストがかからない 打撃を受けやすい

一方、1点集中のメリットは、一つのサイトに集中すればいいので、記事数も増えやすく、結果ドメインパワーの成長も複数運営より早いです。

デメリットは、特に初心者の場合は雑記になりがちで、SEO的に評価されにくいこと。

また、そのサイト以外からの収益ポイントがないので、そのジャンルが不調な時は、大きな影響を受けてしまいます。

本質をとらえないと「二兎を追うものは一兎をも得ず」

二兎を追うものは一兎をも得ず

このように、複数サイトの運営はメリットデメリットがあります。

ここで、冒頭の問いに戻ります。

毎日仕事や育児でハードだけど、何とか空き時間に少しづつ更新をして、そろそろ3ヶ月~6か月。

時間的に制約のあるあなたが、ブログやSNSを複数運営し、自分のサイトを成長させることができるでしょうか。

複数サイトにする理由は、SEOに強い特化サイトにして、収益ポイントを増やすためだったはずです。

しかし、メインブログとサブブログの両方の運営に追われ、記事作成・リライト・分析、さらにはそれぞれのSNSでペルソナに合ったツイートをするなど、すべての作業を1点集中の時と同じレベルで続けられるでしょうか。

そうして出来上がった記事の質は、1点集中の時より高いでしょうか。

Shindy

僕の場合、ただでさえ大変なブログ作業やツイートが倍の作業になるなんて、とても出来る画が描けませんでした。

そうでないのであれば、結局サイトは成長せず最終的にはどちらも収益が出なくなり、モチベーションも下がってしまいます。

本質としてSEOを求めたはずが、SEOに弱いサイトを量産することになりかねないのです。

まずは複数運営ではなく一つのブログに集中すべし!

1点集中

結論として、時間に制約のあるあなたは、メインのブログ1点に集中した方が結果が出やすいということです。

だから僕も複数サイトを運営するのはいったんやめました。

SEOに強い特化サイトを作れば、あの人のように稼げるのでは?

というのは思い違い。

相当な努力と作業量がないとムリです。

複数運営をおすすめしない理由

  • 運営・管理がとにかく大変
  • 書ける記事数が分散する
  • ドメインの成長も分散し時間がかかる
  • 記事の品質を管理できなくなる
  • 最悪SEOに弱いサイトを量産し、全てのブログから収益化できなくなる

まずは試行錯誤して経験を積みながら一つのブログを成長させ、放置しても収益が発生するレベルまでもっていくこと。

複数運営はそれからの方が、効果がはるかに高いです。

1点集中で伸ばすにはハイブリッドブログ!

ハイブリッド

では雑記ブログでも1点集中してひたすら書きまくればブログは成長するのでしょうか。

答えはNOです。

テーマは3つまでに程度絞る

少しでも専門性を高めてSEOに強いコンテンツにするために、テーマは多くても3つほどに絞りましょう。

3つまで絞れば、ある程度SEOに強いコンテンツを作成するのは可能ですし、特化過ぎて書くネタがなくなるという心配もありません。

実際に月6桁以上稼いでいる人でも、3つほどのテーマで運用しているブロガーさんはゴロゴロいます。

SEOに強いサイトを作るには、執筆の質を高めるのが一番の近道です。

自分の得意分野を掛け算する

そもそも特化サイトにしたからと言って、他と差別化できるわけではありません。

マーケティング的に一番の差別化は、自分の得意分野を掛け算することです。

そちらの方がはるかにオリジナリティを出しやすい。

例えば、

転職エージェントにめちゃくちゃ詳しくなるほど転職に失敗し続けたが、無事Webマーケティングの企業に就職し、今ではその企業でなくてはならない存在に。

得意のWebマーケの知識を生かして、副業ブログでも成果を出している。

転職×Webマーケティング×ブログ

こんな感じですね。

これなら内容に深みも出ますし、複数テーマの雑記ブログであっても他の人では経験していないコンテンツを作れます。

もっと身近なことで言えば、

育児に追われて、買い物に行く時間もないので、ネットショッピングで済ましている。子供が寝てちょっと空いた時間でドラマを見て楽しんでいる。

育児×Amazon×動画配信サービス」

これもテーマを絞りつつも、自分の出来る分野で掛け算しています。

Googleは将来的に、個性あふれる情報を重視するのでは?(あくまで勝手な予想)

去年の5月、Googleが大きなアップデートをしました。

信頼性の高い企業サイトが上位に来るようなアルゴリズムになり、個人ブロガーは大きな影響が出ました。

Googleが評価しているのは以下の3つです。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

しかし個人的には、権威性と信頼性色が強くなればなるほど、情報は当たり障りのないつまらないものとなり、検索の主流がWebからSNSに移っていってしまいます。

ユーザーは本当の声を知りたいからです。

これはGoogle的には望ましくはないはずです。

現在世界では、Airbnbの飛躍でもわかるように、「無機質なもの」から「人と人との繋がり」が求められている傾向にあります。

情報の信頼性を担保しながらも、人間味のある情報コンテンツが評価されるようになるのでは?と勝手に考えています。

まとめ

以上、アフィリエイトブログを複数運営ではなく、1点集中にした理由を紹介しました。

1点集中にする理由とコツ

  • 複数運営は時間に制約のある人には大変
  • 1点集中の方が、結果的にSEOに強いサイトが作れる
  • 雑記ブログでもテーマは3つまでに絞る

ブログは、なかなか結果が出ません。

そんな時こそ焦ってあれもこれも手を付けてしまいがちです。

まずは集中して、色んな経験を積むことで、見えなかったものが見えてきて、自然と自分の中に選択肢と引き出しが出来てくるはずです。

今回は、将来の自分が今の自分に言い聞かすようなつもりで書いてみました。

雑記ブログで始めた僕のブログ生活5か月の歩みに興味のある方は、以下の記事で箸休めしてみてください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる