RankTrackerのダウンロード・導入方法と初期設定をわかりやすく解説

RankTrackerのダウンロード・導入方法と初期設定をわかりやすく解説
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事は、Rank Trackerをまさに導入しようとしている方向けの記事です。

  • 導入で失敗したくない
  • 注意点があれば教えてほしい
  • 初期設定まで教えてほしい

こんな方は、最後までご覧ください

この記事の内容
  • 無料版Rank Trackerのダウンロード・導入方法
  • 有料版へのアップグレード手順
  • Rank Tracker導入後の4つの初期設定
この記事を書いた人
しんでぃ
  • 本職は最高マーケティング責任者
  • しんでぃブログ(主にブログ運営×SWELL)
  • ブログ開設5ヶ月目で5桁収益
  • 現在8ヶ月で最高3.6万

Twitter : (@shinshindy33)

本記事を書いている僕は、検索順位チェックツール「Rank Tracker」と「GRC」の両方を使用しています。

(超簡易ツールの「順一くん」も使用したことがあります。)

僕が最初にRank Trackerを導入した際は、導入方法をよく確認せず間違ったツールを導入してしまいました。

この記事では、そんな僕の経験から、Rank Trackerの正しいダウンロード・導入手順と注意点、導入後の初期設定まで画像付きで詳しく解説しています。

Shindy

記事の通りに進めてもらえば、失敗せず安心して導入することができますよ

記事の一番最後では、Rank Trackerの使い方についてもご紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

  • 分析・解析に優れた検索順位チェックツール
  • 本格的にSEO対策したい方におすすめ
目次

無料版Rank Trackerのダウンロード・導入方法

Rank Tracker公式サイト

Rank Trackerの導入は以下の6つの手順でできます。

Rank Trackerの導入方法6ステップ
  1. 無料版Rank Trackerをダウンロードする
  2. 無料版Rank Trackerをインストールする
  3. プロジェクトを作成する
  4. 有料版ライセンスを購入
  5. メールで「登録キー」を受け取る
  6. 「登録キー」をRank Trackerに入力

まずは無料版の導入手順について説明していきます。

【体験談】Rank Tracker導入前の注意点

PowerSuiteの料金画面
PowerSuiteの料金画面

Rank Tracker導入の際に気を付けたいのが、ライセンスの種類です。

Rank Tracker公式サイト内で、間違ったページからダウンロードやライセンスの購入をすると、Rank Trackerを含めた「SEO PowerSuite」パッケージを導入してしまいます

こちらが「SEO PowerSuite」のページです。正しいのはのページです。

実は僕も、無料版ではありましたが、導入の際に間違えてSEO PowerSuiteを導入してしまいました。

間違えて導入したSEO PowerSuiteのファイル
間違えて導入したSEO PowerSuiteのファイル

もちろん「SEO PowerSuite」は、Rank Tracker単体より高く、返金も基本的には不可です。

導入の際は、Rank Tracker単体のページから導入するようご注意ください。
(当記事のリンクはRank Trackerのページに飛ぶので、ご安心ください)

①無料版Rank Trackerをダウンロードする

まずは無料版の導入手順について説明していきます。

以下のリンクから無料版をダウンロードしましょう。

にアクセスします。

公式サイトでrank trackerをダウンロードする

名前とメールアドレスを入力し、「RANK TRACKERをダウンロードする」をクリックします。

下記の画面になり、ダウンロードが開始されます。

Rank trackerのダウンロード開始

Macの方は、「Mac版」をクリックしてください。

②無料版Rank Trackerをインストールする

ダウンロードしたインストール用のファイルをクリックし、Rank Trackerをインストールします。

Rank Trcakerインストールファイル
ファイル名はダウンロード版によって異なります

『設定画面へようこそ』と表示されるので、「次へ」をクリックします。

Rank Tracker設定画面

言語は「Japanese」を選択してOKをクリックします。

「Japanese」を選択してOK

ライセンス契約書の利用規約が表示されるので、確認して「同意する」をクリックします。

Rank Tracker以外の3つのチェックを外して「次へ」をクリックします。

Rank Tracker以外のチェックを外す

以上で無料版のRank Trackerのインストールは完了です。

③プロジェクトを作成する

続いて、新規プロジェクト画面が表示されるので、簡単な初期設定を行います。

サイトのURLを登録する

まずは、サイトURLを入力し「次へ」をクリックします。

サイトURLを入力

Googleアナリティクスと連携する

続いてGoogle Analyticsとサーチコンソールとの接続画面が表示されます。

「Google Analyticsアカウントと接続する」をクリックします。

Rank Trackerとアナリティクスを連携

「クリックしてアカウント設定の入力を行います」をクリック

「クリックしてアカウント設定の入力を行います」をクリック

Googleのログイン画面が出てくるので、メールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。

Googleのログイン画面

Rank TrackerのGoogleへのアクセスを許可します。

Rank TrackerのGoogleへのアクセスを許可する

接続したいアカウントとプロパティを選択し、「OK」をクリックします。

アカウントとプロパティを確認してOK

以上でアナリティクスと連携出来ました。

Googleサーチコンソールと連携する

続いてGoogleサーチコンソールと連携します。

Rank Trackerとサーチコンソルを連携

「アカウントに接続」をクリックします。

「アカウントに接続」をクリック

アナリティクスと同様にGoogleのログイン画面が出てくるので、メールアドレスを入力しアクセスを許可します。

接続したいサイトを選択し、「OK」をクリックします。

接続したいサイトを選択

アナリティクスとサーチコンソールの色が薄い緑に変わっていれば接続完了です。「次へ」をクリックしましょう。

アナリティクスとサーチコンソールの接続が完了

キーワードを登録する

キーワードを入力します。

こちらはあとから追加できるので、ここではサイト名など簡単なキーワードを1~2個入力しておくだけでもOKです。

キーワードを入力

検索エンジンを選択する

続いて使用する検索エンジンを選択します。

デフォルトではUSA版のGooglとYahooが選択されているため、日本版のGoogleに変更します。

「さらに検索エンジンを追加する」をクリックしてください。

「さらに検索エンジンを追加する」をクリック

検索窓に「jp」と入力すると、日本の検索エンジンが表示されます。

調べたい検索エンジンの+マークをクリックして、左側に追加してください。

以下の3つがおすすめです。

  • Google.co.jp
  • Google.co.jp(mobile)
  • Yahoo.co.jp
追加したい日本の検索エンジンをクリック

最後に、USA版のGoogleとYahooを、×ボタンをクリックして使用する検索エンジンから削除します。

最後に「完了」をクリックすればOKです。

USAエンジンを削除して完了をクリック

以上でRank Trackerのプロジェクトが作成されました。

無料版を使用する方は、これで基本的な導入完了です。

有料版Rank Trackerにアップグレードする手順

Rank Tracker有料版

続いて有料版にアップグレードする方法を解説します。

①有料版ライセンスを購入

続いて、有料版ライセンスを購入します。

にアクセスします。

公式サイトにアクセスしたら、「注文」をクリックします。

注文をクリック
注文をクリック

プラン選択の画面に移るので、プランを選択して「今すぐアップグレード」をクリックします。

今回はプロフェッショナルを選択しています。

Rank Trackerのライセンスを選択
「今すぐアップグレード」をクリック

「お支払方法」を選択して、必要事項を記入し「ORDER NOW」をクリックすると支払いが完了します。

支払画面

支払いが完了すると、ライセンスキーがメールで届きます。(30分〜数時間ほどかかる場合があります。)

②メールで「登録キー」を受け取る

メールが届いたら、内容を確認します。

登録者名」と「ライセンスキー」が送られてくるので、コピーしておきましょう。

ライセンスキー
「登録者名」と「ライセンスキー」をkここpこぴこぴーコピーコピー

③「登録キー」をRank Trackerに入力

最後にRank Trackerに戻り、登録キーを登録していきましょう。

「ヘルプ」>「情報を登録」をクリックします。

情報を登録をクリック

先ほどコピーした「登録者名」と「登録キー」を入力し、「OK」をクリックします。

「登録者名」と「登録キー」を入力

以上で有料版の導入が完了しました。

Rank Tracker導入後の4つの初期設定

ここからは、Rank Tracker導入後の初期設定について解説していきます。

設定する箇所は4つです。

導入後の初期設定4つ
  1. キーワードの追加方法
  2. スケジュール設定
  3. 検索順位表示を50位から100位に変更
  4. 表示項目の編集

キーワードの追加方法

キーワードを追加する場合は、「ターゲットキーワード」>「ランクトラッキング」>「キーワードの追加」をクリックします。

空欄のスペースにキーワードを入力します。

改行することで複数登録できます。「次へ」をクリックすると検索エンジン選択画面に移ります。

キーワードを入力

先ほどの検索エンジン選択画面と同様の手順で、検索エンジンを選択し、「完了」をクリックすればOKです。

スケジュール設定

スケジュール設定では、順位チェックを自動で行う時間を設定します。

「環境設定」>「Schedules Taske & Alerts」をクリックします。

「環境設定」>「Schedules Taske & Alerts」をクリック
スケジューラー設定

タスク名・スケジュール情報(時間)を設定して、「オン」にしておけばOKです。

スケジューラー設定

検索順位表示を50位から100位に変更

ここでは、検索順位をデフォルトの50位から100位まで表示されるように設定します。

「環境」>「ランク確認モード」をクリックします。

「確認する結果の最大数」をデフォルトの50から100に変更して、「OK」をクリックすれば完了です。

検索順位を50から100に変更

これで、検索順位が上位100位まで計測できるようになりました。

表示項目の編集

順位チェックの画面で、表示させたい項目をカスタマイズすることもできます。

右上の四つの四角のマークの、「列のカスタマイズボタン」をクリックします。

「列のカスタマイズボタン」をクリック

表示させたい項目にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

表示させたい項目にチェックを入れる

どれにチェックを入れるべきか分からない場合は、ひとまず以下の8つにチェックを入れておけばOKです。

チェック項目

  • キーワード
  • 注意(リライトのメモ)
  • Google.co.jp Rank
  • Google.co.jp 差異(前日との差)
  • Google.co.jp(Mobile) Rank
  • Google.co.jp(Mobile) 差異(前日との差)
  • ランキングページ
  • 検索数

まとめ:Rank Trackerで日々の順位をチェックしよう

以上でRank Trackerのダウンロードから導入手順、初期設定まですべて解説しました。

もう一度導入方法や初期設定を確認する場合は、以下の好きなところから飛んでみてください。

Rank Trackerの使い方に関しては、Rank Trackerの料金と使い方を3つのツールを使う僕が徹底解説で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

Rank Trackerを使いこなして、検索順位Top10入りを目指しましょう!

\分析・解析に優れた検索順位チェックツール/

まずは無料版で試してみるのもアリです

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる