【SEO対策】ブログ初心者でも5分でわかる!SEO完全攻略ガイド

【SEO対策】ブログ初心者でも5分でわかる!SEO完全攻略ガイド
悩んでいる男性

SEO対策って具体的に何すればいいの?初心者でも出来ることはある?

このような悩みにお答えします。

この記事の内容
  • SEO対策とは?
  • SEO対策のメリット・デメリット
  • 具体的なSEO対策の方法
  • SEO対策におすすめのツール紹介
この記事を書いた人
しんでぃ
  • 本職は最高マーケティング責任者
  • しんでぃブログ(主にブログ運営×SWELL)
  • ブログ開設5ヶ月目で5桁収益
  • 現在8ヶ月で最高3.6万

Twitter : (@shinshindy33)

ブログのアクセス数を増やすうえで欠かせない施策が「SEO対策」です。

しかし、「SEO対策の情報がありすぎて何からすべきか分からない!」、「SEO対策の内容が難しすぎて分からない」という方も多いでしょう。

そこでこの記事では、ブログ初心者でもすぐにできるSEO対策について、まとめてみました

「GoogleがSEOでどんなことを重視しているのか」を、公式サイトから抜粋して、図解を交えながら分かりやすく解説しています。

この記事を読み終わる頃には、SEOの基礎知識がすべて身につきます。

基本のSEO対策は、この記事1本で十分という内容になっているので、一つずつ実践してみてください。

目次

SEOとは?

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことです。

SEO対策とは、自分のブログを検索結果の上位に表示させて、アクセス数を増やすための対策のことです。

当たり前のことですが、ブログを読んでもらうためには、あなたのブログが多くの人の目に留まる必要があります。

検索結果の上位になればなるほど、ユーザーの目に留まることになるので、ブログのアクセス数は増えます。

検索結果の順位がアクセス数に大きく影響する

具体的に検索結果の上位がどれほど読まれているのか確認してみましょう。

SISTRIXが2020年に公開した検索順位別クリック率データは以下の通りです。

検索順位別クリック率のデータ(2020年)
引用元:Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid
  • 1位の記事が読まれる確率は28.5%
  • 3位までの記事が読まれる確率は、合計で55.2%
  • 4位以下の記事を読む人は、10人に1人以下
  • 2ページ目が読まれる確率は1%未満

例えば、あなたの記事が2ページ目に表示されていて、月間の検索数が100のキーワードの場合、

アクセス数=100×1%=1PV以下

ということになります。

Googleの1ページ目に表示されない限り、あなたのブログが読まれることはほぼない」という事実が分かります。

SEO対策とはGoogleに評価される記事を作ること

検索結果の上位にある記事は、「Googleに評価された記事」です。

「Googleに評価される記事」がどんな記事かというと、「読者が満足した記事」です。

※この検索順位を唯一無視する方法は、広告を出すことです。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用元:Google が掲げる10の事実

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。」

引用元:有益な情報を最適な形式で

Googleは、200以上あると言われる順位決定要素をもとに、常にユーザーに役に立つ「完璧な検索エンジン」の実現を追い求めているのです。

Googleが検索順位を評価する仕組み

SEO対策というと、対Googleに意識が行きがちですが、「Googleとユーザーの両者にとって価値のある情報を提供する」ということは忘れないようにしましょう。

ちなみに、SEO対策は基本的にGoogleのみを意識して行います。なぜなら、日本でもっとも多く使われている検索エンジンがGoogleだからです。

2番目に多いYahooもGoogleのアルゴリズムを活用しているので、Googleに向けた対策をするのはYahooにも効果的です。

SEO対策のメリットとデメリット

SEO対策はメリットだけに見えますが、デメリットもあります。

SEO対策のメリット
SEO対策のデメリット
  • 検索上位に表示されることでアクセス数が増える
  • 長期的に安定したアクセスを得られる
  • 資産として残る
  • 悩みに能動的なユーザーが多いので、成約率が高い
  • 結果が出るまでに時間がかかる
  • 正解が分からないので成果を確約できない
  • アップデートにより、一気にアクセスがなくなるリスクが伴う
  • 制限があるので、自由な執筆が出来ない

SEO対策のメリット

SEO対策によるメリットは以下の通りです。

SEO対策のメリット

  • 検索上位に表示されることでアクセス数(収入)が増える
  • 長期的に安定したアクセス(収入)を得られる
  • 資産として残る
  • 悩みに能動的なユーザーが多いので、成約率が高い

SEO対策を行って検索順位上位に表示された場合は、中長期的に安定したアクセス数を得られます

さらに、SNSと違って、一度上位を取ってしまえば常に情報を発信し続ける必要もないので、資産とし残り続けます

また、たまたま目についた情報を見に行くSNS集客とは異なり、SEO集客では自分から悩みを持ってアクション(検索)を起こしてきたユーザーばかりです。

もともと「その悩みを解決したい」と思っているユーザーばかりなので、ユーザーは購入に対して積極的です。

SNSは受動的でSEOは能動的
SEOの方がユーザーは積極的

SEO対策のデメリット

一方、SEO対策によるデメリットは以下の通りです。

SEO対策のデメリット

  • 結果が出るまでに時間がかかる
  • 正解が分からないので成果を確約できない
  • アップデートにより、一気にアクセスがなくなるリスクが伴う
  • 制限があるので、自由な執筆が出来ない

投稿してすぐアクセスを集められるSNSとは異なり、SEOで結果を出すには中長期的な対策が求められます

短い場合でも3ヶ月、長い場合は1年以上を要します。

また、これだけ長い間対策をしても、Googleのコアアップデートでアルゴリズムが変わり、検索順位が上位から一気に圏外になってしまうリスクもあります

Shindy

2020年5月のコアアップデートでは、企業サイトが評価されやすいアルゴリズムになったため、個人ブロガーは壊滅状態になりました

まさに、Googleの手のひらで踊らされているような状態です。

もう一つのデメリットは、コンテンツの自由度の制限です。

SEOではある程度の「型」が求められます。Googleに評価されるためのSEOテクニックです。

しかしこの制限のせいで、SNSでは魅力的なタイトルやコンテンツでも、SEOでは評価されないことがあります。

SEOではキーワードが優先されるので、映画や小説のような創造性のあるタイトルはつけられませんよね。

時にこの自由度のなさに窮屈に感じることもありますが、SEOではそれ以上に得られるメリットがあるため、ブログで「アクセス数を増やしたい!」「収益を上げたい」という方は、SEO対策は欠かせません。

ブログ初心者でもできるSEO対策:設定編

それでは具体的なSEO対策について見ていきたいと思います。

まずはSEO対策設定編です。

  • SSL化設定
  • サイトマップの送信
  • パーマリンクはシンプルで分かりやすく
  • noindex/nofollowをうまく活用する

順番に説明していきます。

SSL化設定

SSL化」とは、URLの頭にある「http://」を「https://」に変え、セキュリティを強化することです。

SSL化されていないサイトは、アクセスすると「保護されていない通信」と表示されます。

Googleは2014年8月に、「HTTPS化されたサイトがSEOで優遇され、検索結果の表示順位にも影響する」ことを明言しています。

HTTPS をランキング シグナルに使用します。

~略

このランキングの変更は、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて強化していきます。

引用元:ウェブマスター向け公式ブログ

SSL化をすることで、検索順位の結果に大きな影響を及ぼすことはありませんが、ランキングシステムに使用されている以上、対策は必須です。

SSL化の方法は、サーバーによって異なるので、契約しているサーバーでご確認ください。

ConoHa WINGのSSL化は、「ConoHa WINGなら最短10分!WordPressブログの始め方」で解説しています。

サイトマップの送信

サイトマップは、クローラーにサイトの情報を送る役割を果たします。

クローラーにしっかりと情報を送れないと、あなたの記事はいつまでもGoogleに認識されたないため、評価もされません。

プラグインを導入すると自動で行ってくれるので、こちらも必ず設定しておきましょう。

オススメのプラグインは、「Google XML Sitemaps」です。

>>Google XML Sitemapsの使い方と設定方法

パーマリンクはシンプルで分かりやすく

パーマリンクのとは、ブログの投稿のURLのことです。パーマリンクの設定は以下の太字の部分の設定です。

https://shindy-style.com/sample

これに対してGoogleは、以下のように説明しています。

サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合はIDではなく意味のある単語を使用して)URLを構成できるよう、コンテンツを分類します。

引用元:一般的なガイドライン

つまり、パーマリンクは以下のようにすることが望ましいです。

  • シンプルである
  • 記事の内容を表し、かつ、理解できる単語を用いる
  • 階層が分かる方が望ましい
  • 半角英数字を使用する

階層は以下の2パターンの場合、カテゴリーが含まれて階層が分かる①が望ましいということです。

  1. https://shindy-style.com/wordpress/seo
  2. http://shindy-style.com/seo

※ただし、個人的に、初心者の方にはカテゴリを含めたパーマリンクはおすすめしません。詳細はのちほど紹介する記事からご覧ください。

また、半角英数字を使用する理由は、日本語を使用すると「%E3%71%54%E2%94%43%E4」というような意味のない文字列に置き換えられてしまうためです。

WordPressのデフォルト設定では、これらの要件を満たしていないので、設定の変更が必要です。

後からパーマリンクの設定を変更してしまうと、これまでの投稿のURLが変更されてしまい、評価もリセットされてしまうので、必ず早い段階で設定しておきましょう。

こちらも、「ConoHa WINGなら最短10分!WordPressブログの始め方」で解説しています。

パーマリンクの失敗談も紹介していますので、合わせてご覧ください。

noindex/nofollowをうまく活用する

noindexとは、「クロール(巡回)に来たクローラーに対して、検索しても検索結果に表示しなくていいよ!と指示を出すこと」です。

質の低い記事があったり、類似した記事がある場合、サイト全体の評価を落とす原因になるため、悪影響がありそうな記事にはnoindexを設定しておきましょう。

nofollowは「このページのリンクをたどらない」という指示です。

リンク先のコンテンツの内容を保証できない場合や、自サイトで評価する必要のないページ(問い合わせページなど)に対して、nofollowを設定します。

僕の場合は、「SEO SIMPLE PACK」を使用して、noindexとnofollowを設定しています。

seo simple packのnoindex/nofollowの設定
SEO SIMPLE PACLでのnoindex/nofollowの設定

>>【SEO SIMPLE PACK】ゼロからの初期設定手順と使い方を分かりやすく解説

ブログ初心者でもできるSEO対策:コンテンツ編

続いては、記事を書く際にできるSEO対策です。

  • キーワード選定は手を抜くな
  • タイトルとディスクリプションに工夫を
  • 見出しにキーワードを入れる
  • 見出しの構造は適切に
  • 内部リンクで評価を上げる
  • 画像に代替テキスト(alt属性)を入れる
  • ページスピード(表示速度)の改善
  • 読みやすさを改善する
  • 独自性のあるコンテンツにする
  • コンテンツを更新して最新情報に

こちらも一つづつ見てい行きましょう

キーワード選定は手を抜くな

キーワード選びは、SEO対策の中でも最も重要な要素の一つです。

競合が多いキーワードでは上位表示は見込めませんし、上位に表示されても検索ボリュームが少ないキーワードは、アクセスもありません。

競合の多い「ビッグワード」ではなく、まずは「ロングテールキーワード」を優先的に狙っていきましょう。

具体的な方法については、以下の記事で詳しく解説しています。
>>【SEO】キーワード選定方法 | 5つのコツと5つの手順を解説

タイトルとディスクリプションに工夫を

Googleは、タイトルで何について書かれた記事なのかを判断しています。

そのため、タイトル内には上位表示を狙いたいキーワードを必ず入れましょう

タイトル作成の5つのコツ

  • キーワードを文頭(左詰め)に入れる
  • 32文字以内にする
  • キーワードの羅列ではなく自然な文章にする
  • 1記事1キーワード(検索意図)を意識する
  • クリックを高める言葉を入れる

例えば「英語学習 コツ」で、NGなタイトルが以下です。

どうすれば上達するの?オススメの学習方法を紹介【英語学習 コツ】 

タイトル作成NGな例

タイトル作成の6つのコツを意識したタイトルは以下です。

英語学習のコツ5つ!初心者向けにTOEIC950点の私が解説

タイトル作成OKな例

SEOに効果的なタイトルのつけ方については、以下の記事で詳しく解説しています。
>>SEOに強いブログ記事タイトルの書き方 | 7つのコツを紹介

また、ディスクリプションと呼ばれる、そのページの要約文も重要です。

検索画面のスニペット
ディスクリプションにもキーワードを

ディスクリプションはユーザーに向けた対策であり、Googleの評価は直接的には関係ありません。

しかし、検索時に使用したキーワードが太字になったり、ページの内容を分かりやすく魅力的に伝えることで、ユーザーが内容を判断するのに役立ちます

その結果クリック率が高まるため、必然的にGoogleからの評価が高まることになります。

ディスクリプションの効果検証

実際に、アメリカのSEOのエキスパートであるBrian Dean(ブライアン・ディーン)氏が行った調査によると、「メタディスクリプションがあるとCTR(クリック率)が5.5%上がる」という結果が得られたとのこと。

メタディスクリプションがあるとCTRが5.5%上がる
引用元:Backlinko

クリック率を高めるためにも、ディスクリプションにも力を入れましょう!

ディスクリプション作成の4つのコツ

  • PCでは120文字以内
  • スマホ画面では70~80文字程度
  • ターゲットや、読んで得られるベネフィットを入れる
  • 前半部分にキーワードを入れる

ディスクリプションの設定が必ずしも反映されるわけではなく、Googleが独自で判断してページ内から抜粋することもあります。

見出しにキーワードを入れる

キーワードはタイトルだけでなく、見出しにも入れることも重要になってきます。

見出しタグ(hタグ)の重要度は、h1タグ(タイトル)が最も重要で、次にh2、h3・・・の順となります。

見出しタグの種類

h2タグは検索結果画面にも表示されることがあり、Googleも内容を判断するのに役立てています。

h2タグには、無理のない範囲でキーワードを入れましょう

ムリにキーワードを入れたり、不自然な日本語の場合は逆効果になります。

>>SEO効果を上げる見出しの書き方 | 5つのコツを紹介

見出しの構造は適切に

見出しタグは親子関係があり、必ず<h1>→<h2>→<h3>の順に使う必要があります

この順番が入れ替わると、Googleもユーザーも混乱してしまいます。

わかりやすい見出しを使用して重要なトピックを示すと、コンテンツの階層構造が作成され、ユーザーがドキュメント内を移動しやすくなります。

引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

また、大見出しとなるh1タグは、各ページに1つまでです。

見出しタグの正しい使い方

また、以下のような使い方は避けましょう。

・ページで見出しタグを過度に使用する

非常に長い見出しを使用する。

・構造を示すためではなく、テキストの書式を整える目的で見出しタグを使用する

引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

内部リンクで評価を上げる

内部リンクとは?の図解
内部リンクとは?

内部リンクとは、自分のサイト内のページをつなぐリンクのことです。

一方で外部リンクは、他サイトと自サイトを繋ぐリンクのことで、別のものになります。

関連性の高い記事が複数ある場合は、内部リンクで記事同士をつなげると効果的です。

特に、評価が高い記事がある場合は、その記事から内部リンクで飛ばすと、リンク元からの評価がリンク先に受け渡されます

こうすることで、リンク先の評価も高まり、結果的にサイト全体の評価が高まります。

内部リンクでリンク元から評価を受け渡す
内部リンクで評価を受け渡すことができる

自分が上位表示したい記事がある場合は、その記事に向けた内部リンクを集めると効果的です。

  • リンク元:評価が高い記事(検索で上位の記事)
  • リンク先:評価を高めたい記事(検索上位に表示したい記事)

>>内部リンクとは?SEOに効果的な貼り方【7つのコツを解説】

画像に代替テキスト(alt属性)を入れる

画像の代替テキスト(alt属性)とは、その画像がどんな画像なのかを表現するテキストのことです。

代替テキストを設定する理由は以下の4点です。

  • 画像が表示されない場合に、代わりにテキストが表示される
  • 視覚障がい者への補助テキスト
  • クローラーが内容を判断できる
  • Google画像検索に表示される

実はGoogleなどの検索エンジンは、画像などの情報はその内容をうまく判断できません。

そこで、代替テキストとして「この画像はこんなことについて説明しています」と伝えることで、内容を理解させることができます。

代替テキストがある場合とない場合

クローラーが写真の内容を理解できるので、コンテンツ内での画像の意味を持たせられますし、結果的にGoogle画像検索にも表示され、画像検索からの流入も見込めるようになります。

ただし、見出し下などの特に意味を持たない画像は、空白でOKです。

ページスピード(表示速度)の改善

Googleは、表示速度をランキングの要素に使用していると明言しています。

 遅いより速いほうがいい。

Google が新しいサービスをリリースするときには、常にスピードを念頭に置いています。

引用元:Google が掲げる 10 の事実

サイトの表示速度は、直帰率や離脱率に大きな影響を与えるため、 SEOでも非常に重要な要素です。

Googleが無料で提供している「PageSpeed Insights」では、表示速度のスコアと改善点を教えてくれるので、役立ちます。

対策としては、画像を圧縮することやプラグインを減らすことが効果的です。

ただし、「表示速度のスコア」=「SEOのスコア」と勘違いしている方がかなり多いので、本当にみるべきスコアを覚えておきましょう。

>>PageSpeed Insightsの点数はSEOに影響しない?フィールドデータの重要性

読みやすさを改善する

「読みやすさ」は、ユーザーにとっても、Googleにとっても重要な要素の一つです。

読みにくいブログは、読者が途中で離脱してしまうので滞在時間が伸びず、Googleの評価にも悪影響をおよぼします。

読みやすさを意識したブログを書くようにしましょう。

>>ブログを断然読みやすくする書き方!13のテクニックを紹介

独自性のあるコンテンツにする

Googleは、検索結果に多様な情報を表示しようとします。

そのため、似たようなコンテンツや重複コンテンツは評価されず、検索結果に表示されにくくなります。

特に「無断複製されたコンテンツ」とみなされると、ペナルティの対象になる恐れもあります。

逆に、独自性のあるコンテンツをもつサイトは、評価が高まり検索上位に表示されるとも明言しています。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用元:ウェブマスター向け公式ブログ

自分の体験談や自分しか知らない事、企業サイトが書けないことなど、他のサイトには存在しない自分だけのオリジナルコンテンツを提供することがポイントです。

Googleノート

Googleは2019年に、オリジナルのコンテンツが長い期間、上位表示するようにアルゴリズムを更新しました。

一番最初にそのトピックについて書かれたオリジナル記事は、検索結果で優先されるということです。

オリジナルコンテンツが優先される

まだ世に出てないトピックに対して、慎重に情報調査を行い、時間や労力をかけて作り上げられた記事なわけですから、当然といえば当然です。

このことからも、Googleが他にはないオリジナリティ(独創性)を重視しているのが分かります。

コンテンツを更新して最新情報に

結論からいうと、更新頻度はSEOには関係ありません。

例えば、以下のような更新は、Googleからの評価は上がりません。

  • 少しだけテキストや画像を修正して更新
  • 日付だけ最新にする

ページ上の日付情報を削除したり新しい日付に変更しても、Googleは日付を記録しているようです。

SEOで効果があるのは、コンテンツの質を高め、コンテンツを充実させていくための更新です。

  • 古くなった情報を最新の情報にアップデートする
  • ユーザーにとって必要な新たな情報を加える
  • 低品質なページを削除・リライトする
  • 重複するコンテンツを削除・統一する

小手先のテクニックだけで最新情報に更新するのではなく、ユーザーにとって価値のある更新にすることが重要です。

ブログ初心者でもできるSEO対策:外部対策編

さて、これまではSEO対策の中でも、自分のブログ内で出来る「内部対策」について解説してきました。

ここでは、自分のサイト外で出来るSEO対策(外部対策)について解説したいと思います。

被リンクを獲得する

被リンクとは、外部のサイトから自分のブログにリンクされることです。

被リンクがSEO対策に効果的と言われる理由は、「Googleが掲げる10の真実」の中にあります。

ウェブ上の民主主義は機能する

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。

引用元:Google が掲げる 10 の事実

被リンクを多く獲得しているサイトは、他のユーザーから支持されている証であり、Googleでも評価は高くなるというわけです。

被リンクを獲得する方法は以下の3つです。

  1. 役に立つ情報を提供することで、自然にリンクを貼ってもらう
  2. SNSを活用して、コンテンツの拡散を促す
  3. 無料被リンク獲得サービスに登録する

ユーザーの満足度を上げる良質なコンテンツの作成方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

無料で獲得できる被リンクサービスは、以下の記事で紹介しています。

>>ドメインパワー0を短期間で16.2まで劇的に上げた方法を紹介

SNSをうまく活用する

SNSをうまく活用することも重要です。

SNSからのリンクにはnofollow属性が付いているでので、SNSで紹介されたからと言って、直接的に被リンクを獲得できるわけではないですし、Googleから評価されるわけではありません。

SEOとSNSは、直接的には関係しないのです

しかし、SNSで宣伝や拡散をすることで多くの人の目に留まり、それが有益な情報であれば、アクセス数が増加する、あるいは多くのブログやメディアで紹介され、自然リンクを獲得できます。

SNSで自分のブログの露出機会を増やし、積極的に認知を拡大していきましょう

SEO対策に使えるおすすめツール

以下は、SEO対策で使えるおすすめツールです。

くわしくは、これは便利!ブログ運営に心からおすすめしたい便利ツール17選!でまとめて詳しく紹介しているので、ご覧ください。

検索順位チェック
ドメインパワーチェック
キーワード選定
分析&改善系ツール

SEO対策まとめ

以上、SEO対策について解説しました。

SEO対策は、最初からあれもこれも出来るわけではありません。

最初からカンペキにこなそうとするよりも、少しづつ慣れていくのが一番の近道です。

自分が取り組みやすい対策から実践し、一つずづクリアしていくことで、検索順位として結果が現れてくるはずです。

Shindy

くれぐれも、ユーザー目線が第一であることをお忘れなく!

今回は以上です。

関連記事

表示速度が速いサーバー

ConoHa WINGの口コミ評判と使って感じた6つのデメリット

【SEO対策】ブログ初心者でも5分でわかる!SEO完全攻略ガイド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる