【SWELL】Googleアドセンスの設定方法とおススメの配置

SWELLのGoogleアドセンス設定
悩んでいる女性

Googleアドセンス広告の貼り方がよくわからないんだけど

悩んでいる男性

初心者でも分かるように、どこにどうやって貼ればいいか教えてほしい

Shindy

大丈夫です。SWELLなら超カンタンにアドセンス広告を設置できますよ。

今回はSWELLでのGoogleアドセンスの貼り付け方について画像付きで詳しく説明しています。

こんな方におススメ
  • SWELLでGoogleアドセンスを設置したい
  • アドセンス広告のおススメの配置を知りたい
  • 初心者はこれだけ貼ればOKな箇所と方法を知りたい

また、アドセンスの広告を貼り付けるおススメの配置とおススメの広告もご紹介します。

SWELLでは初心者でも超カンタンに設置できるようになっているので、手順に沿って設定してみてくださいね。

とにかく貼っておくべき場所と貼り方だけ知りたい!という方はSWELLでGoogleアドセンス広告を貼るおススメの配置の設定をしておけばOKです。

目次

SWELLのGoogleアドセンス申請コードの設定方法

アドセンス申請時に発行された「申請コード」をコピーします。

「外観」>「カスタマイズ」>「高度な設定」内の、「直上の挿入コード」に貼り付けます。

アドセンス申請コードの貼り付け

これだけでOKです!

SWELLのGoogleアドセンス自動広告の設定方法

アドセンスの申請に通ったら、広告を貼り付けていきます。

まずは自動広告の貼り付け方です。

STEP
自動広告コードの取得

①Google アドセンスの管理画面の「広告」>「サマリー」に進みます。

Google アドセンスの管理画面の「広告」>「サマリー」

②「コードを取得」をクリックします。

Google アドセンスでコードを取得をクリック

Adsenseコードをコピーします。

Adsenseコードをコピー
STEP
自動広告コードをSWELLに貼り付け

「SWELL設定」>「広告コード」タブ内の自動広告に先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

「SWELL設定」>「広告コード」
「SWELL設定」>「広告コード」
自動広告にコードを貼り付ける
自動広告の欄にコードを貼り付ける

貼り付けたら、一番下の「変更を保存」をクリックします。

たったこれだけです!簡単ですね。

自動広告は投稿・固定ページごとに表示/非表示を切り替えられます。

各投稿編集ページのサイドバー「文書」内を下にスクロールすると、【SWELL設定】という箇所があります。

ここにある自動広告を停止するにチェックを入れると、その投稿内では自動広告を表示させないように設定できます。

また、後程説明しますが、目次前広告も同様に、この設定で投稿ごとに非表示にできます。

自動広告を停止する方法
自動広告を投稿ごとに非表示にする

SWELLでGoogleアドセンス広告を好きな位置に貼り付ける

次は、自動広告ではなく、自分で好きな場所にアドセンスの広告を貼り付ける方法を説明していきます。

目次直前/直後にアドセンス広告を貼り付ける

目次の直前か直後どちらに表示させるかは、「外観」>「カスタマイズ」>「投稿・固定ページ」>「目次」の広告の表示設定でから設定できます。

まずはGoogleアドセンスの「広告」>「サマリー」の「広告ユニットごと」で、作成した広告のうち目次前に貼り付けたい広告の<>をクリックし、次のページ内にあるアドセンスのコードをコピーします。

ページ内にあるアドセンスのコードをコピー

次に「SWELL設定」>「広告コード」タブ内の「目次広告」に先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

目次広告に貼り付ける

貼り付けたら、一番下の「変更を保存」をクリックします。

記事内にアドセンス広告を貼り付ける

記事名に貼り付ける場合は、まずは「目次直前/直後にアドセンス広告を貼り付ける」と同様の手順で、「SWELL設定」>「広告コード」タブ内の「記事内広告」にコードを貼り付けます。

記事内広告に貼り付ける

あとは各投稿内で好きな場所で、ショートコード[ad]を呼び出せば広告が挿入されます。

例えば、ここでショートコード[ad]を使用すると

上記のように広告が表示されました。

投稿リスト内にインフィード広告を表示させる

新着記事などの投稿リストの中に、インフィード広告を表示させることもできます。

インフィード広告
投稿リスト内のインフィード広告

「SWELL設定」>「広告コード」タブ内の「インフィード広告の設定」に進みます。

PC・Tabサイズ用、スマホサイズ用両方にインフィード広告用のコードを貼り付けます。

インフィード広告の設定に貼り付ける

必ず両方に貼り付けてください。どちらかにしか貼り付けていない場合、もう一方では表示されません。

インフィード広告の間隔は、いくつ記事が並んだら広告を表示させるかという設定です。

例えば、上記のように4にすると、4記事の後に1つ広告が表示され、またそのあとに4つ記事が並び、再び広告・・・となります。

最後の投稿の後ろには広告は表示されません

その他の位置にアドセンス広告を貼り付ける

その他にも、サイドバーや記事下、関連記事の上などにアドセンスを貼り付けることも可能です。

「外観」>「ウィジェット」に進みます。

[SWELL]広告コードというウィジェットがあるので、ドラッグして広告を表示させたいエリアでドロップします。

下記は共通サイドバーに配置しています。

SWELL広告コードに貼り付ける

広告タグの中に、貼り付けたいアドセンスの広告ユニットを貼り付けて、保存をすれば完了です。

PC・SPで表示/非表示も設定できます。

Googleアドセンスを貼り付ける必須の位置は以下の3つです。

  • 目次上(記事内広告)
  • 記事内見出し3の上(記事内広告)
  • 記事下(ディスプレイ)

本来はタイトル下にリンク広告が最も効果があったようですが、リンク広告は廃止されてしまいました。

そこで、タイトル下はなしでOKです。

どうしてもタイトル下に入れたい場合は、インフィード広告のテキストのみを入れると自然かと思います。

※記事内でアフィリエイト広告を入れる場合は、アドセンスは外しましょう。
アドセンスはアフィリエイトより単価が低いので、アドセンスをクリックされてしまうと報酬が下がってしまいます。

目次上(記事内広告)

目次上は、読者の目に留まりやすいため最も表示回数・クリック数が高い場所の一つです。

当サイトも、目次上がダントツでクリック数が多いです。

目次上には記事内広告を入れましょう。

設定方法は先ほど紹介した「目次直前/直後にアドセンス広告を貼り付ける」に記事内広告を入れるだけです。

記事内見出し3の上(記事内広告)

記事内は見出し3の上がおススメです。

記事内でちょうどバランスのいい位置におけるのが見出し3です。

1つ以上貼ったりすると逆効果になりますので、欲張らず1つだけにしましょう。

設定方法は記事内にアドセンス広告を貼り付けるで紹介した設定をして、見出し3の上に[ad]を入れるだけです。

記事下(ディスプレイ)

記事下は、ユーザーが読み終えて次のアクションを起こす場所なので効果的です。

ココには目立つディスプレイ広告を入れましょう。

記事下はウィジェットに「[SWELL]広告コード」を貼る方法で設置できます。

以下の位置もおすすめです。

  • 共通サイドバー(PCのみ)一番上にディスプレイ広告
  • 関連コンテンツ(使用できるようになるには条件アリ)

まとめ:SWELLならGoogleアドセンスの設定も超カンタン

以上でGoogleアドセンスの設置は終了です。

本来なら、アドセンスの設置は意外に時間がかかります。

かといって自動広告にすると、「ここに表示するの?!」と、ユーザーエクスペリエンスを無視したような位置に出てきてしまいます。

しかし、SWELLならコードをコピーして、ピッピッと指定の場所に貼るだけ。

もし難しいようでしたら、ご紹介したおススメの場所に貼るだけでも全然OKです。

読者目線と収益目線のバランスをとりながら、適切な配置で適切な数を配置しましょう!

その他、SWELLの初期設定は以下にまとめてありますので、あわせてどうぞ。

SWELLのGoogleアドセンス設定

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる