SWELLで推奨・不要なプラグインとおすすめのプラグインを紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩んでいる男性

SWELLでプラグインを整理したいんだけど、どれがいいのか教えて。

悩んでいる女性

プラグインの設定方法も教えてもらえると助かる。

今回はSWELLで使うべき・不要なプラグインについて詳しく説明しています。

この記事の内容
  • SWELL公式サイトでの非推奨プラグインについて
  • SWELL公式サイトでの推奨プラグインについて
  • 当サイトおススメのプラグインについて

プラグインは、テーマに依存せず様々な機能が使える上にPHPコードなどの知識も不要なため、とても便利な反面、使いすぎるとサイトの速度低下の原因となります。

不要なプラグインや機能が重複しているプラグイン、あまり重要度が高くないプラグインはどんどん削除してしまうのがベストです。

この記事では、SWELLの機能と重複していたり不具合が起きやすいプラグインや、これは必須・あったら便利というプラグインを紹介していきます。

Shindy

当サイトも導入しているプラグインで、とても快適に使えています。

おすすめプラグインの設定方法まで解説しているので、安心して導入できますよ。

本記事はすべてのプラグインの動作確認を検証しているわけではありませんので、削除・導入はあくまで自己責任でお願いします。

SWELLをまだ導入していない方は以下の記事が参考になります。

目次

SWELL非推奨のプラグインの削除

SWELLでは標準で様々な機能を備えています。

そのため、機能が重複している場合は、重くなるだけなのでプラグインを削除してしまいましょう。

また、中にはSWELLと相性が合わず、不具合が発生しやすいプラグインもあります。

これらのプラグインを削除しサイトを軽量化させましょう。

標準機能と重複しているプラグイン

下記のプラグインは、SWELLの標準機能で備えているので不要です。

  • 「Table of Contents Plus」などの目次生成プラグイン
  • 「Lazy Load」などの画像遅延読み込みプラグイン(Jetpack内のlazyload機能も不要)
  • 「Speech bubble」などのふきだしプラグイン
  • 「WordPress Popular Posts」など人気記事リスト作成プラグイン
  • 「WP Super Cache」などのキャッシュ系プラグイン

削除してしまいましょう。

WordPress Popular Postsを削除しようとしている方はちょっと待った!

WordPress Popular Postsで計測していたPV数を「SWELL」へに引き継ぐ方法があります!

>>「WordPress Popular Posts」のPV数を「SWELL」へ引き継ぐ方法

相性が悪く不具合が起こる可能性あり

以下はコードを圧縮するプラグインです。

  • Autoptimize

SWELLではコードの圧縮など可能な限りのリソースの最適化が施されています。

このプラグインはSWELLでは不具合を起こしやすく、ソースコードがあまりきれいでないので削除してしまいましょう。

SWELLでは不要なプラグイン

そもそも使う余地がないプラグインです。

  • 「Classic Editor」
  • 「TinyMCE Advanced」
  • 「Jetpack」

Classic Editor・TinyMCE Advanced

SWELLでは、ブロックエディタの機能が優れているため、クラシックエディタは不要です。

いずれにしろクラシックエディタは2021年には使えなくなるので、ブロックエディタを使いこなしましょう。

JetPack

「JetPack」は多機能な反面重いプラグインです。

全てを使いこなせるのであれば、恩恵はありますが、Lazyloadやバックアップ機能だけであれば不要でしょう。

バックアップには「UpdraftPlus」がおススメです。

SWELL推奨プラグインの導入

SWELLでは推奨されているプラグインもあります。

SWELL推奨プラグイン
  • SEO SIMPLE PACK
  • Google XML Sitemaps
  • WP Revisions Control

SEO対策:SEO SIMPLE PACK

SEO SIMPLE PACKは「SWELL」の開発者によって作られた、シンプルなのにSEO対策に必要な機能が十分備わったプラグインです。

SWELLとの相性もいいので、導入しておきましょう。

なお、以前のテーマで「All in One SEO Pack」を使用されていた方は、「SEO SIMPLE PACK」に引っ越しが可能です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

サイトマップ作成:Google XML Sitemaps

All in One SEO Packにはサイトマップ作成機能がありますが、SEO SIMPLE PACKにはありません。

Google XML Sitemapsは検索エンジンにサイトの存在や構成を知らせるためのプラグインで、多くの人に愛用されている人気ツールなので、こちらも必ず入れておきましょう。

履歴管理:WP Revisions Control

WP Revisions Controlは全く必須ではないですが、僕もおススメです。

ブログを書いているとリビジョンと呼ばれる履歴が残ります。

しかし、放っておくと1投稿当たり100以上の履歴が残り、その数は無尽蔵に増え続けます。

リビジョンがたまりすぎると、パフォーマンスの低下につながるので、この履歴を制限してしまおうというプラグインです。

WordPressのリビジョン

当サイトでは1投稿当たり10件までに設定してあります。

当サイトで使用しているおすすめのプラグイン

その他に、当サイトでも使用しているおススメのプラグインをご紹介します。

バックアップ対策:UpdraftPlus

データのバックアップは非常に重要です。

UpdraftPlusはバックアップしたいデータ(データベース・プラグイン・テーマ・アップロードなど)を選んでバックアップでき、復元も簡単に可能です。

また、自動で定期バックアップを取る設定も可能なので、毎回バックアップを取るわずらわしさもありません。

問い合わせフォーム:Contact Form 7

Contact Form 7」は最も人気の問い合わせフォームのプラグインです。

当サイトも使用していますが、シンプルな機能で十分という場合は、このプラグインで十分です。

セキュリティ対策:All In One WP Security & Firewall

乗っ取りやスパム防止などセキュリティ対策用で優秀なプラグインがAll In One WP Security & Firewall

初心者でも簡単に設定できるようになっています。

  • 不正ログイン防止
  • ファイアウォールの設定
  • データベースを守る
  • コメントスパム対策

高機能ながら無料で使えるので、セキュリティ対策としてぜひ入れてお行きたいプラグインです。

カテゴリーの並び替え:Category Order and Taxonomy Terms Order

WordPressの標準機能では、カテゴリーの並び替えが出来ません。

そんな時に便利なプラグインが、Category Order and Taxonomy Terms Order

ドラッグ&ドロップで簡単に自由に並び替えられるのでおススメです。

まとめ

以上SWELLでの不要プラグイン・おススメプラグインでした。

僕はプラグインの整理によって、8つのプラグインを削除することができました。

  • Table of Contents Plus
  • Jetpack
  • WordPress Popular Posts
  • AddQuicktag
  • Autoptimize
  • WP Super Cache
  • Async JavaScript
  • Snow Monkey Blocks

不要・必要なプラグインを整理して、サイトを最適化しましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる