SWELLアップデートの歴史 vol.2 | SWELLの進化が凄まじい!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、SWELLの最新情報からこれまでのアップデートすべてを3回にわたり紹介しています。

日々進化し続けるSWELLの、これまでの追加機能の歴史から最新機能まで、すべて知ることができます。

この記事の内容
  • SWELLのアップデートまとめ(第2弾)
  • アップデートで追加された機能の説明
  • SWELLアップデート最新情報
この記事を書いた人
しんでぃ
  • 本職は最高マーケティング責任者
  • SWELLレビュー記事は公式サイト掲載
  • ブログ開設5ヶ月目で5桁収益
  • 現在8ヶ月で最高3.6万

Twitter : (@shinshindy33)

ブロガーに高い人気を誇るWordPressテーマ「SWELL」。

普段何気なく使っていますが、実は何度もアップデートされ使い勝手が日々進化しています。

今回はそんなSWELLのアップデートの歴史をすべてまとめてみました

まだ知らない機能も見つかるかもしれませんよ。

もちろん、最新のアップデート情報もご紹介します。

なお、この記事は3回に分けてご紹介します。

第2弾では、ブロックエディター機能のアップデートに関して紹介します。

第1弾・第3弾は以下の記事をご覧ください。

SWELLアップデート

トップページや投稿ページ、基本設定などのカスタマイズのアップデート

ウィジェットや高速化のアップデート

  • 進化し続けるWordPressテーマ
  • 圧倒的な使いやすさでブログが楽しくなる
目次

SWELLアップデートまとめ

まずは過去のSWELLアップデートのまとめです。

※新しいアップデートがあり次第追記していきます!

「機能別」と「アップデートバージョン別」両方から逆引きできます。

なお、今回の記事で紹介するのは、主なアップデート項目だけであり、省略した内容もありますのでご了承ください。

アップデート内容の一部は、第1弾の「SWELLアップデートの歴史 vol.1 | SWELLの進化が凄まじい!」と第3弾の「SWELLアップデートの歴史 vol.3 | SWELLの進化が凄まじい!」で紹介しており、そちらにリンクで飛べるようになっています。

Shindy

それでもボリューム満点です

記述ルール
  • 灰色のボックス内の表示は、設定箇所です。(「外観」>「カスタマイズ」の記載は省いてます)
  • マークの付いたボックスはアップデートのバージョンです。
  • 各アップデート内容のリンクをクリックすると、ページ内の該当のアップデートに飛びます。

では見ていきましょう!

SWELLアップデートまとめ【機能別】

クリックで好きなところから確認できます。

SWELLアップデート履歴【バージョン別】

エディター機能のアップデート

エディター機能のアップデート

バナーリンクブロック

バナーリンクはショーコードでの実装から、ブロックエディターに進化しました。

ショートコードを使うことで、下記のようなカスタムバナーが作成できるようになりました。

ver. 1.0.5(2019/3/18)

この時点では、ショートコード[custom_banner]を使用して設定できました。

カスタムバナー

ver. 1.3.6のアップデートで、バナーリンクがショートコードではなくブロックでかんたんに作成できるようになりました。

ver. 1.3.6(2019/12/07)

バナーリンクブロック
バナーリンク

バナーリンク

ふきだし機能

今ではもはや必須のふきだし機能も、初期ではありますが途中から追加されたのですね。

ふきだし機能追加

ふきだし機能が追加されました。

ver. 1.1.0(2019/04/06)

ただし、この時点ではショートコードでの呼び出しでした。

Shindy

ふきだし機能、この時点ではなかったのですね!驚きです。

事前にふきだしを登録して、まとめて管理できますよ。

ふきだしブロックの追加

SWELL ver. 1.1.0で実装された「ふきだし機能」は、ショートコード呼び出しでした。

このアップデートでは、ショートコードを使わず、ふきだしがブロックから呼び出しが出来るようになりました。

ver. 1.1.4(2019/04/15)

ふきだしブロック
Shindy

SWELLのふきだしは呼び出すだけなので使い勝手バツグンです

ふきだしも簡単に作れる
ふきだしも簡単に作れる

ふきだしのカラーが編集可能に

これまでは固定された4パターンの色のみが使用可能でしたが、ver. 2.0.4のアップデートで5パターンのカラーを自分の好きなように設定できるようになりました。

ver. 2.0.4(2020/04/02)

色の調整は記事編集画面ではなく、事前にSWELL設定から設定しておく必要があります。

ふきだしカラーの設定
ふきだしカラーの設定

「SWELL設定」>「エディター設定」>「ふきだし」

アイコンのショートコードでの呼び出し

ショートコードを使えば、簡単にアイコンが呼び出しできるようになりました。

ver. 1.1.2(2019/04/10)

サンプル
  • [icon icon-wordpress]
  • [icon icon-swell]
  • [icon icon-thumb_up] [icon icon-thumb_down]
  • [icon icon-chevron-small-right]

この時点では、[icon]あるいは[アイコン]というショートコードでアイコンを呼び出していました。

[icon アイコンクラス名]の「アイコンクラス名」部分を、『SWELLで使えるアイコンの一覧』にあるクラス名に書き換えるだけです。

ver. 1.3.8のアップデートでショートコードの呼び出しボタンが追加され、さらにかんたんにアイコンを呼び出せるようになりました。

使えるアイコンのショートコードは、以下の記事にあります。

さらに、[icon class="アイコンクラス名"]を使うことで、Font Awesomeのアイコンも使えます。

サンプル
  • [icon class="fas fa-atlas"]
  • [icon class="fas fa-hiking"]
  • [icon class="fab fa-apple"]

Font Awesomeを使用する場合は設定が必要なので、以下の記事で詳細をご覧ください。

ブログパーツ

登録しておいたパーツをかんたんに呼び出せる、便利な機能「ブログパーツ」です。

ブログパーツ機能の追加

登録しておいたパーツをかんたんに呼び出せる「ブログパーツ」機能が追加されました。

ver. 1.2.0(2019/05/29)

ブログパーツブロック

僕のプロフィールや以下のバナーも、あらかじめブログパーツで作成して呼び出しています。

記事執筆の効率化にもなりますし、ブロックエディターの使えないウィジェットにも使えたりと、何かと便利な機能です。

SWELL専用ブロックパターンと合わせて使うと、執筆が超効率化しますよ。

詳しい使い方は以下の記事を参考にしてください。

ブログパーツの機能を拡張

ブログパーツの機能がいくつか追加されました。

ver. 2.2.1(2020/08/16)

  • ブロックパターンとして呼び出し可能に
  • カテゴリー・タグページで呼び出し可能に
  • カテゴリー専用のCTAブログパーツが設定可能に

ブログパーツをブロックパターンとして呼び出せるようになりました。

詳しくはこの記事の「SWELL専用ブロックパターンの追加」で紹介しています。

また、カテゴリー・タグページでブログパーツを呼び出し可能になりました。

例えば、「特定のカテゴリーページの上部にはバナーを表示したい」というような設定が可能です。

以下は、SWELLのカテゴリーページにだけ、SWELLのバナーを上部に表示する設定です。

SWELLのカテゴリーにだけバナーを表示
SWELLのカテゴリーにだけバナーを表示

設定する場所は、WordPress管理画面の「投稿」内にあるカテゴリー/タグページの設定で、「ページを呼びだすブログパーツ」という箇所で設定できます。

タグページも同様です。

カテゴリー・タグページでブログパーツを選択
カテゴリー・タグページでブログパーツを呼びだす
  • カテゴリー編集ページで呼び出せるのは、「用途」が「カテゴリー用」に設定されているブログパーツ
  • タグ編集ページでは「用途」が「タグ用」に設定されているブログパーツ

さらに、カテゴリー専用のCTAブログパーツも設定できるようになりました。

これは、「ブログパーツを設定したカテゴリーに属する記事」内にあるCTAエリアに表示され、 「CTAウィジェット 」に配置しているコンテンツよりも優先的に表示されます。

※CTAエリアとは以下の画像のように、「記事下」・「関連記事上」にあるエリアのことです。

CTAウィジェットエリア

フルワイドコンテンツ

コーポレートサイトやサイト型のトップページを作成する際に大活躍する、「フルワイドコンテンツ」です。

フルワイドコンテンツで背景画像が指定可能に

フルワイドコンテンツで背景画像が設定できるようになりました。

当サイトのトップページもフルワイドブロックを活用しています。

フルワイドブロックの背景画像Fixed Background

背景画像を固定して、画像に一工夫することもあっという間に出来ます。

詳しい使い方は、「SWELLでサイト型にカスタマイズする方法!画像で分かりやすく解説」で解説しています。

フルワイドブロックの機能を一新

フルワイドブロックの機能が一新され、進化しました。

ver. 1.3.5(2019/11/17)

フルワイドブロック
フルワイドブロック

ver. 1.3.5で追加された機能に関しては、アップデート情報内に無かったので分かりませんでした。

このフルワイドブロックの機能をふんだんに使ったトップページのカスタマイズ方法は、「SWELLでサイト型にカスタマイズする方法!画像で分かりやすく解説」で詳しく解説しています。使い方と合わせてご覧ください。

現在の機能と使い方に関しては、以下の記事を参考にしてください。

ブログカード

ブログカードのカスタマイズ機能が追加されました。

ブログカードのキャプションが変更可能に

キャプションの文字を変更したり、外部サイトへのリンクもブログカードとして表示できるようになりました。

ver. 1.2.4(2019/07/08)

ブログカードのキャプションを修正できる
ブログカードのキャプションを修正できる

ブログカードのデザイン追加

ブログカードのデザインが追加されました。

ver. 1.2.5(2019/07/18)

キャプション部分が塗りつぶしか通常タイプかを選択できるようになりました。

ブログカードのデザイン
キャプション塗りつぶしバージョン

「SWELL設定」>「エディター設定」>「その他」

ブログカードのデザインが内部リンク・外部リンクで変更可能に

ブログカードのデザインを、内部リンク・外部リンクで選べるようになりました。

内部・外部リンクでブログカードのデザインが変更できる

「SWELL設定」>「エディター設定」>「その他」

ブログカードでテキストリンクが出力可能に

これまではサムネイルと説明だけだったブログカードが、テキストリンクでも表示できるようになりました。

ver. 2.4.0(2021/07/13)

以下が実際にテキストでブログカードを作成した例です。

この機能のおかげで、記事のタイトルを変更した際に、その記事のリンクを貼り付けた記事内のタイトルリンクの修正をして回らなくてもよくなりました。

FAQブロックを追加

FAQブロックが追加されました。

ver. 1.2.6(2019/07/31)

FAQブロック
FAQブロック

よくある質問で、Q&A形式で答える時に使用できるブロックです。

質問1

回答1

投稿リストブロック

トップページの記事一覧と同じ表示が出来る機能を持つブロックの登場です。

投稿リストブロックを追加

これまでショートコードで呼び出していた投稿一覧が、新たに投稿リストブロックとして追加されました。

ver. 1.2.9(2019/09/16)

投稿リストブロック
投稿リストブロック

以下は「SWELLのカスタマイズのカテゴリーで、人気順に3つ、カード型で表示」という設定で表示しています。

投稿リストブロックの詳しい使い方は、以下の記事で解説しているのでご覧ください。

投稿リストブロックの機能を大幅に更新

投稿リストブロックの機能が大幅に更新されました。

ver. 2.0.0(2020/02/26)

  • PV数の表示著者の表示が可能に。
  • リスト型(左右交互)」が選べるように。
  • 除外する投稿のIDが指定可能に。
  • 投稿IDを直接指定しての呼び出しが可能に。
  • カテゴリー・タグをそれぞれ複数指定可能に。
  • タクソノミーの指定が可能に。
  • タクソノミー条件の掛け合わせ方が設定可能に。

投稿リストブロックに「リスト型(左右交互)」が追加され、PV数・著者の表示も選択できるようになりました。

リスト型(左右交互)とPV数・著者の表示
リスト型(左右交互)とPV数・著者の表示

また、投稿リストに呼び出したい記事や除外したい記事を直接指定したり、カテゴリーやタグでも指定できるようになりました。

投稿リストのPickup設定
呼び出したい記事や除外したい記事を指定
投稿リストのPickupタクソノミー設定
カテゴリーやタグから抽出も可能

タクソノミー条件を指定すれば、「カテゴリ」と「タグ」を組み合わせた指定も可能です。

タクソノミーの条件設定
タクソノミーの条件設定

「タクソノミーってなに?」「どうやって使うの?」という方は、以下の記事で図解を用いて分かりやすく解説しているので、参考にしてください。

>>SWELLでサイト型にカスタマイズする方法!画像で分かりやすく解説
※解説している箇所にピンポイントに飛びます

投稿リストブロックで先頭固定記事と更新日時順機能を追加

投稿リストブロックで任意の投稿を先頭に固定表示できるようになりました。

ver. 2.4.0(2021/07/13)

キラーコンテンツなど、一番目立たせたい記事を投稿リストの先頭に設置することができます。

以下設定方法です。

STEP
投稿一覧で、先頭固定表示したい投稿のクリック編集をクリック

WordPressの管理画面の投稿一覧から、先頭固定したい記事を選び、クイック編集をクリックします。

先頭固定表示したい投稿のクリック編集をクリック
STEP
「この投稿を先頭に固定表示」にチェックを入れる

クリック編集内にある「この投稿を先頭に固定表示」にチェックを入れて、「更新」をクリックします。

「この投稿を先頭に固定表示」にチェックを
STEP
投稿リストブロックで「先頭固定記事を追加する」をONにする

投稿リストブロックの表示設定を見ると、「先頭固定記事を追加する」という設定項目が追加されています。

「先頭固定記事を追加する」OFF

この設定をクリックして、「先頭固定記事を追加する」をONにすると、先ほどチェックを入れた記事が投稿リストの先頭にきます。

「先頭固定記事を追加する」をON

ただし、意図的なのか不具合なのかは分かりませんが、Pickup設定のタクソノミー条件で、カテゴリーやタグを指定しているとこの機能は使えないようです。

ver. 2.4.0のアップデートでは、投稿リストブロックの投稿の表示順序で、「更新日順」と「降順・昇順」も追加されました。

アコーディオンブロック

アコーディオンブロックに関するアップデートです。

アコーディオンブロックを追加

新しくアコーディオンブロックが追加されました。

ver. 1.3.1(2019/10/16)

アコーディオンブロック
アコーディオンブロック

本記事の「SWELLアップデートまとめ」でも使ってます。

アコーディオンブロックでデフォルトで開いた状態が選択可能に

アコーディオンブロックで、デフォルトで開いた状態に出来るようになりました。

ver. 2.4.0(2021/07/13)

アコーディオンブロックをデフォルトで開いた状態にする

親ブロック(アコーディオンブロック全体)ではなく、各アコーディオンブロックを選択すると指定できます。

以下はこの機能を使った、開いた状態と閉じた状態のサンプルです。

デフォルトで開いた状態

このアコーディオンブロックは空いた状態です。

ステップブロックを追加

ステップブロックが追加されました。

ver. 1.3.3(2019/10/31)

ステップブロック
ステップブロック

本記事の「SWELLアップデートまとめ」でも使ってます。

ステップブロック

STEP
手順1

SWELLブロックの中からステップブロックを選びます。

STEP
手順2

デザインも変更できます。

説明リストブロックを追加

説明リストブロックが追加されました。

ver. 1.3.8(2019/12/29)

説明リストブロック
説明リストブロック

説明リストブロックは、用語などを説明する際に使用するブロックです。

SWELLとは

WordPressテーマです。

説明リストブロック

用語を説明する際に使います。

SWELLとは

WordPressテーマです。

説明リストブロック

用語を説明する際に使います。

ショートコード簡単挿入ボタンを追加

ツールバーにショートコードを簡単に挿入できるボタンが追加されました。

ver. 1.3.8(2019/12/29)

ショートコードを呼び出したい場合は、ブロックエディタのツールバーから、「</>」ボタンをクリックすると、使用できるショートコード一覧が表示されます。

アイコン用ショートコード
アイコン用ショートコード
Shindy

僕は「アイコン用ショートーコード」と「評価用スター」をよく使います

評価用スター表示

星マークで表せる評価用スターです。

5段階の評価用スターをショートコードに追加

5段階評価のスターアイコンを表示できるショートコードが追加されました。

ver. 1.3.9(2020/01/17)

こんな感じのです。

  • :4.5
  • :5.0

評価用スターの段階が自由設定に

これまで5段階でしか表せなかった評価用スターの段階が、自由に設定できるようになりました。

ver. 2.1.9(2020/08/05)

  • 3段階:[review_stars 1/3]
  • 10段階:[review_stars 8.5/10]

[点数/満点]数字部分を好きな段階に変えることで、自由に星マークを変えられます。

SWELLボタンブロック

広告リンクに便利なSWELLボタンブロックです。

swellボタンブロック

SWELLボタンブロックの設定追加

SWELLボタンの機能が追加されました。

  • グラデーション設定を追加。
  • 新スタイル「アウトライン」を追加。
  • スタイルごとに角丸が設定できるようになりました。
  • ブロックのサイドバーにサイズ設定(大・中・小)を追加。

「SWELL設定」>「エディター設定」内の「ボタン」で、グラデーションが設定できるようになりました。

また、ボタンの丸み設定に角丸(少し丸める)も追加されました。

SWELLボタンのグラデーションと角丸の設定
SWELLボタンのグラデーションと角丸の設定

記事編集画面で選べるスタイルには、アウトラインが追加され、ボタンサイズも選択できるようになりました。

ボタンの丸み設定

広告タグを一切改変せずにペースト可能に

ASPでコピーした広告タグを一切改変せず、ペーストするだけでOKな入力箇所ができました。

ver. 2.0.4(2020/04/02)

広告タグを直接ペーストするだけ
広告タグを直接ペーストするだけ

SWELLボタンの左寄せ・右寄せもツールバーからできるようになっています。

SWELLボタンの左寄せ・右寄せ

SWELLボタンでクリック率の計測が可能に

SWELLボタンでもクリック率の測定が可能になりました。

ver. 2.1.5(2020/06/20)

SWELLブロックを設置すると、以下のような設定が表示されます。

「クリック率を計測する」をオンにすると、ボタンIDが自動で割り振られ、測定が開始されます。

SWELLボタンの計測設定
SWELLボタンの計測設定

設置後は、記事の編集画面で該当のSWELLボタンブロックをクリックすると、右側のエディターに上の画像のように表示されます。

SWELLボタンをコピペすると同じIDになってしまい、「別のボタンIDを指定してください。」と警告メッセージが表示されます。
つまり、ブログパーツ・再利用ブロックでも使用できませんので、ご注意を。

SWELLボタンでかんたんにアイコンが使用可能に

SWELLボタンを使用時に、サイドバーからアイコンを簡単に呼び出せるようになりました。

ver. 2.2.2(2020/08/31)

SWELLボタンでかんたんにアイコンを呼び出せる
かんたんにアイコンを呼び出せる

「ABテスト」ブロック追加

ABテストブロックが追加されました。

SWELL – ver. 2.0.4(2020/04/02)

ABテストブロック
ABテストブロック

ABテストブロックは、AブロックとBブロックがそれぞれランダムで表示されるブロックです。

AブロックとBブロックがそれぞれランダムで表示されるブロック

どちらのブロックが効果的かABテストをする際に使えます。

SWELLボタンや広告タグと併用すると、クリック率の比較ができて便利です。

カラーパレットのカスタマイズが可能に

カラーパレットの色8色を、自分の好きな色に設定できるようになりました。

ver. 2.0.5(2020/04/08)

カラーパレットの設定が可能に
自分で色を決められる

ここで設定された色は、テキスト色と背景色で使用できます。

カラーセットの設定
Shindy

背景色を濃くすると、文字が自動で白色に変わるので便利です

「SWELL設定」>「エディター設定」 >「カラーセット」

タブブロックを追加

新機能でタブブロックが追加されました。

ver. 2.0.9(2020/04/30)

タブブロック
タブブロック

名前の通り、タブを切り替えられるブロックです。

今では僕も多用していますが、ver. 2.0.9から搭載されました。

これがプラグインなしで簡単に出来るので、とてもありがたい機能です。

SWELL専用ブロックパターンの追加

WordPress5.5のアップデートで搭載された「ブロックパターン」に合わせて、SWELLでも専用のブロックパターンが搭載されました。

ver. 2.2.0(2020/08/11)

ワンクリックで好きなレイアウトやデザインのテンプレートを呼び出せる機能です。

ブロックパターンで執筆時間を短縮できる
ブロックパターンで執筆時間を短縮できる

この機能をうまく使うと、執筆時間をめちゃくちゃ短縮できるので、ぜひ使ってみてください。

詳しい説明や使い方は以下の記事で紹介しています。

キャプション付きブロックでもアイコンが使用可能に

キャプション付きブロックも、サイドバーからアイコンを簡単に呼び出せるようになりました。

ver. 2.2.2(2020/08/31)

キャプション付きブロックにアイコンを呼び出す機能
かんたんにアイコンを呼び出せる

RSSブロックを追加

RSSブロックが追加されました。

ver. 2.2.7

RSSブロック
RSSブロック

RSSブロックを使用すれば、興味関心のあるサイトの最新情報を、記事一覧として自動的に取得できるようになります。

ニュースサイトやまとめサイト等の情報収集サイトでは、便利な機能です。

以下は「SWELL公式サイトのアップデートページ」のRSSで表示しています。

「ブラウザ風」と「デスクトップ風」のブロックスタイル追加

ブロックのスタイルに「ブラウザ風」と「デスクトップ風」が追加されました。

ver. 2.3.3(2021/02/19)

ブラウザ風

swell専用ブロックスタイル一覧
SWELL専用のブロックスタイル一覧

グループ化した後にスタイルを適用すると、コンテンツが長い場合はこのブロックのようにブロック内でスクロールできる形になります。

デスクトップ風も同様です。

デスクトップ風の場合は、最低限の高さが必要なので、このように短いブロックの場合でも一定の高さで表示されます。

画像・動画でもこのスタイルが使えます。

詳しい使い方については、以下の記事を参考にしてください。スクロールの方法も解説しています。

「カスタム書式」機能を追加

ユーザー側で自由に書式を設定できる「カスタム書式」機能が追加されました。

ver. 2.3.8(2021/05/14)

テキストを装飾する時は、マーカーやフォントの色など、SWELLでデフォルトにある機能を使えますが、「カスタム書式」では、CSSを書くことで自分で自由に書式を設定できる機能です。

例えば、この破線はカスタム書式から設定しています。

「SWELL設定」>「エディター設定」内のカスタム書式をクリックします。

SWELL設定内にあるカスタム書式設定
SWELL設定内にあるカスタム書式設定

「カスタム書式 – 1」に、使用する書式の名前を付けます。

Shindy

分かりやすい名前にしておきましょう

続いて、「カスタム書式用CSS」に使いたいCSSを記入します。

クラス名はそれぞれ、swl-format-1swl-format-2です。

カスタム書式用CSS
カスタム書式用CSS

例えば、点線にしたい場合は、以下のコードを入力します。

.swl-format-1 {
	border-bottom: dashed 1px #7d7d7d;
	}

太さとカラーはお好みで変えてください。

エディターで使う時は、ブロックツールバーのマークをクリックし、先ほどつけた名前の書式をクリックするだけです。

テーブルブロックの機能を拡張

テーブルブロックで新機能が追加されました。

ver. 2.3.9(2021/06/09)

  • PCでも横スクロールが可能
  • 横スクロール設定時、横幅を指定が可能
  • 横スクロール設定時、1列目のセルを左端に固定表示可能
  • PCでもテーブルヘッダーの固定が可能

PCでも横スクロールが可能で左端も固定可能に

横スクロール設定
横スクロール設定

以下のように、PC版でも横スクロールできます。左の1列目を固定することもできます。

横に長いテーブルの場合、便利な機能です。

スクロールできます
1列目固定左は固定されています。横スクロールを設定した場合、横幅を指定できます。さらに、1列目のセルを左端に固定することもできるようになりました。
1列目固定

※ただし、テーブルヘッダーの固定と併用はできません。

PCでもテーブルヘッダーの固定が可能に

テーブルヘッダーの固定
テーブルヘッダーの固定

以下のように、PC版でもテーブルヘッダーを固定することができるようになりました。

テーブルヘッダー固定テーブルヘッダー固定
1列目PC版でも
テーブルヘッダーを
固定することが
できるように
なりました。
1列目PC版でも
テーブルヘッダーを
固定することが
できるように
なりました。

横スクロールとの併用はできません。

まとめ:SWELLのエディター機能の進化がすさまじい!

以上、SWELLのこれまでのアップデート情報について紹介しました。

SWELLアップデートまとめ

クリックでもう一度好きなところから確認できます。

第2弾では、ブロックエディター機能のアップデートに関して紹介しました。

便利で執筆活動を効率化できる独自機能が続々追加されています。

Shindy

初期の頃と比べると、SWELL専用のブロックエディタがかなり増えて進化しています

第1弾では、主にトップページや投稿ページ、基本設定などのカスタマイズのアップデートを、第3弾では、広告関連の機能やウィジェット、高速化のアップデートに関して紹介しています。ぜひそちらも合わせてご覧ください。

今回は以上です。

\進化し続けるテーマ/

SWELL公式サイトで詳しく見てみる

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる