【利用歴3年】UQモバイルはデメリットが多い?悪いところも完全紹介

UQモバイルのデメリット
悩んでいる男性

UQモバイルの月額が1,480円からって何か悪いところがあるんじゃないか心配。安くても通信速度も遅かったらイヤだな…。
実際に使っているユーザーの本当の感想を教えてほしいな。

こんな悩みにお答えします。

この記事の内容
  • UQモバイルのメリット
  • UQモバイルのデメリット
  • メリット・デメリットから分かるUQモバイルの強み

各キャリアとも色んな特徴があって、いったいどこがいいのか。

知識がない人にとっては、非常に分かりにくいと思います。

そこで、今回はUQモバイル利用歴3年の私が、使って分かったメリット・デメリットをご紹介します。

また、メリット・デメリットから分かる、UQモバイルの強みもまとめています。

この記事を読めば、UQモバイルが本当に自分に合っているかどうかが分かります。

\月額1,628円から利用できるコスパの良さ/

今なら最大10,000円のキャッシュバックあり

目次

【結論】UQモバイルならデメリットよりメリットの方がはるかに大きい

結論から言うと、UQモバイルならデメリットよりメリットの方がはるかに大きいです。

なぜならUQモバイルは、使い方によっては依然として安くて最もコスパいいブランドだからです。

僕自身は3年間半以上使っていますが、正直大きなデメリットはほとんど感じられず、不満点は全くありません。

利用者の声は説得力あるな

Shindy

とはいえ、使う人にもよるので正直な感想をお話ししますね!

\月額1,628円から利用できるコスパの良さ/

くりこしプランがおすすめです。

UQモバイルを3年以上使ってみた感想

僕はUQモバイル使用歴は3年半ほどになります。

UQモバイルに変更した理由はもちろん料金。これまではauを使用していたので、初めての格安SIMでした。

不安点は以下の通りでした。

使用前の不安点
  • 格安SIMといえば、通信速度が安定しないイメージ
  • 特に地方(田舎)では遅いのでは?
  • なるべく安いプラン(3GB)で使用したかったので、容量が足りるかどうか

しかし実際に使ってみた感想は、これらすべて全く問題ありませんでした

通信速度は全く問題なし

僕は地方の田舎に住んでいますが、体感通信速度はauを使っていた頃と比べて何ら変わりませんでした

格安SIMにおいて、通信速度が安定しているのはUQモバイルかY!mobileくらいです。

容量も3GBでもほぼ毎月おつりがくるレベル

また、節約モードや自宅・職場のWifiを使えば、容量はほぼ毎月3GBでおつりがくるレベルです。

余ったデータは翌月に繰り越しされるので、毎月平均で1.5GBほどあまり、翌月に持ち越されていました。

外出先でYoutubeを見まくる!と言う用途でもない限り、ほぼ問題ない使用感です。

使用前の不安点
  • 通信速度は全く心配不要
  • 地方でも田舎でも、速度は3大キャリアと全く遜色なし
  • うまく使えば、3GBですら余るので、毎月5GBほどからスタートになる

使ってみて分かったデメリット

使ってみて分かったデメリットは以下の5つです。

UQモバイルのデメリット5つ

  • プランの種類が少ない
  • プラン・使い方によってはpovoの方がコスパがいい可能性も←New
  • 販売している機種が少ない
  • LINEの「ID検索」が使えない
  • キャリアメールが有料

プランの種類が少ない

UQモバイルのプランはいたってシンプルです。

UQモバイルの料金体系
出典:UQモバイル

そのため、他のキャリアで使用していたプランと同等のプランを選べないこともあり、それに近しいプランを選ぶしかありません。

また、25GB以上のプランはないので、超ヘビーユーザーの方には向きません。

ただし、僕の場合は3GBで全く困ることはなく、ライトなユーザーにとってむしろ選びやすい料金体系となっています。

プラン・使い方によってはpovoの方がコスパがいい可能性も

このデメリットは、使ってみて分かったというより、最近の各キャリアの新プラン導入によって新たに出てきたデメリットです。

povoくりこしプランM
データ容量20GB/月15GB/月
月額料金2,728円(税込)2,728円(税込)
データ繰り越しなしあり
話し放題オプション
5分以内かけ放題:550円(税込)
かけ放題:1,650円(税込)
オプション
60分/月かけ放題:550円(税込)
10分以内かけ放題:770円(税込)
かけ放題:1,870円(税込)
悩んでいる男性

同じ金額でもpovoの方がデータ容量が多くてお得だね

Shindy

使い方によってはその通りですが、必ずしもそうとは言えないのです。

くりこしプランMの場合、親会社auのpovoと比べて、UQモバイルの方が5GB容量が少なくなります。

15GBキッチリ使うという方にとっては、povoの方がコスパがよくなります。

ただし、povoには「余ったデータ繰り越しがない」ので、使い方によってはUQモバイルの方がコスパがよくなります。

MM総研のデータによると、60.1のユーザーが3GB以下の通信量、90%のユーザーが15GB以下の通信料とのことなので、povoの20GBは約10%の人にしかメリットがないことになります。

参考:スマートフォン利用者の月額利用料金は5,334円(株式会社MM総研/2021年02月09日発表)

また、povoは「通話オプションが、1回5分の無料通話のみ」、「サポートはオンラインのみ」といったデメリットもあるので、必ずしもコスパがいいとは言えません。

販売している機種が少ない

UQモバイルでは、機種+SIMで契約しようとした場合に、製品ラインナップが少ないです。

>>UQモバイルで販売している製品を見る

iPhoneも最も新しいものでiPhone SE(第2世代)で、最新のiPhone12などはありません。

とはいえ、SIMフリーの機種を公式サイトや家電量販店等であらかじめ購入しておくか、auユーザーであれば、2017年8月1日以降に発売されたauの端末であれば、SIMロック解除すら必要なく、そのままUQモバイルにSIMカードを挿すだけで使うことができます

auで使っていた端末がSIMロック解除しないで使えるかどうかは、UQモバイルの動作確認端末一覧ページで確認できます。

乗り換えの際に何をすればいいか分からないという方も、UQモバイル乗り換えステップで、UQ mobile対応機種の確認やSIMロックの解除方法が分かります。

UQモバイルの乗り換えステップ
出典:UQモバイル公式サイト

LINEの「ID検索」が使えない

UQモバイルではLINEで、IDによる検索機能が使えません。

IDによって検索する場合が多い方にとっては不便に感じるかもしれません。

もちろん、ふるふるやQRコードは利用可能なので、友達追加自体は問題なくできます。

Shindy

僕の場合もほとんどがQRコードで交換するので、全く不便は感じませんでした。

キャリアメールが有料

○○○○@uqmobile.jpのキャリアメールを使用する場合は、オプションで月額200円かかります。

ただし、フリーメール(Gmail、yahooメール等)を使用している方にとっては不要です。

Shindy

僕の場合もフリーメールを使用していたので、全く不要でした。

使ってみて分かったメリット

一方使ってみて感じたメリットは以下の通りです。

UQモバイルのメリット5つ

  • 圧倒的に安い
  • auと比べてもほぼ変化なしの通信速度
  • 翌月へのデータ繰り越しが可能
  • 節約モードがある
  • 家族割がある

3大キャリアやその他のMVNOと比べても安い

一番大きなメリットは料金面でした。

毎月8,000円ほどかかっていたスマホ料金が、電話代込みで3,000円以下に抑えられました。

月額で5,000円の差なので、年間にすると60,000円もの節約になっています。

2021年2月現在では、各キャリアが格安プランを導入してきたためそこまでの大きな差はありませんが、それでも依然として3大キャリアより安いことに変わりはなく、格安SIMを提供するMVNOと比較しても格安です。

auと比べてもほぼ変化なしの通信速度

一番の不安点はこの通信速度にありましたが、全く問題ありませんでした。

実際に評判を見ても、格安SIMの中でも速度の安定感に関する満足度は圧倒的です。

UQモバイルは、au回線をそのまま使っているため、混雑した時間帯でも安定して速度が出せるのです。

現在格安SIMにおいて、通信速度が最も安定しているのはUQモバイルかY!mobileですが、Y!mobileのいちばん安いプランがが2,178円(税込)に対して、UQモバイルは1,628円(税込)なので、UQモバイルが圧倒的に有利です。

節約モードがある

UQモバイルには節約モードの切り替えが手動で出来ます。

節約モードならどれだけ使ってもデータ消費0のため、LINEのような小さなデータのやり取りであれば、問題なく使用できます。

Shindy

用途に合わせて節約できるのはありがたいですね。

節約モード

余ったデータは翌月へ繰り越せる

UQモバイルでは、余ったデータを翌月に持ち越すことができます。

僕の場合で言えば3GBのプランでしたが、毎月データが余ってくりこしていたので、常に約5GBからのスタートでした。

データ容量の残り
Shindy

21日時点でまだ1.13GBしか使っておらず、4.81GBも残っています(笑)

これは他にはない大きなメリットと言えます。

家族割がある

UQモバイルでは家族割があり、2回線目からは月額料金が500円割引になります。

使用する家族が多ければ多いほどお得になります。

その他のメリット

その他にも以下のようなメリットがあります。

  • デザリングが申し込み不要・無料で無制限利用できる
  • いつでも解約できて契約解除料なし
  • 「ギガぞう」を使って外出先でのWi-Fi利用が可能

UQモバイルの評判は?

UQモバイルの世間での評判はどうでしょうか?

UQモバイルの評判は下記の記事で詳しくまとめてあります。

>>【2021年】UQモバイルの口コミ評判は悪い?利用歴3年の私が解説

評判の内容をまとめると以下のようになります。

UQモバイルの口コミ・評判
  • サポートセンターの対応が悪い
  • 解約が複雑
  • 格安なのに通信速度が安定している
  • 節約モードなのに快適
  • 無料のデザリングでWi-fi代すら節約できる可能性も
  • 実店舗サポートがある
  • サポートセンターの対応がいい
  • 解約が簡単で、しかも日割り計算

格安で通信速度が安定している点と、節約モードがかなり使えると言う評判が目立ちました。

UQモバイルはライトユーザーには最もコスパがいい

これまで出てきた評判や、メリット・デメリットから、UQモバイルの特徴を整理してみましょう。

UQモバイルの特徴
  • MVNOの中でも、最も速度が安定している
  • 3GBのプランでは3大キャリアと比較しても安い
  • 使い方によってはすべてのプランで3大キャリアよりお得
  • データが繰り越せるので、使わなかった月に損しない
  • 家族がいればさらにお得

つまり、ライトユーザーであれば、全てのブランドにおいて「UQモバイル」が最も快適で安く使えるということです。

家族がいればさらにお得になります。

ちなみに、UQモバイルで最もおすすめの料金プランはくりこしプランSです。

詳しくは以下の記事で解説しています。他社との料金プラン比較で参考にしてください。

>>【2021年】UQモバイルおすすめの新料金プランは?利用歴3年の私が解説

まとめ:UQモバイル使い方次第では最もコスパがいいブランド

以上UQモバイルのメリット・デメリットを紹介しました。

UQモバイルのデメリット5つ

  • プランの種類が少ない
  • プラン・使い方によってはpovoの方がコスパがいい可能性も←New
  • 販売している機種が少ない
  • LINEの「ID検索」が使えない
  • キャリアメールが有料

UQモバイルのメリット5つ

  • 圧倒的に安い
  • auと比べてもほぼ変化なしの通信速度
  • 翌月へのデータ繰り越しが可能
  • 節約モードがある
  • 家族割がある

UQモバイルは、格安で通信速度が安定している上に、節約モードとデータ繰り越しのおかげで、ライトユーザーであれば容量に困ることはありません。

僕も3年半使っていますが、困ったことはこれまでになく、非常に快適に使えています。

メリット・デメリットをしっかりと把握して、自分の使い方に合ったキャリア選びをしましょう。

なお、UQモバイルは、UQモバイル公式オンラインショップで購入するのが一番お得です。

なぜなら、キャンペーンや最大10,000円のキャッシュバックがあるからです。

>>UQモバイル公式オンラインショップキャンペーン・お得情報

\月額1,628円から利用できるコスパの良さ/

今なら最大10,000円のキャッシュバックあり

UQモバイルのデメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる